その他(ライフ)

日本で見る蚊の種類は主に「3種類」~実はメスだけが吸血します~


スポンサーリンク

春が終わり、梅雨どきの蒸し暑い季節~夏になれば どこからともなくやって来る【蚊(カ)】。

就寝中に、枕元で“ ブ~ン ” と聞こえれば 落ち着いて寝られません (;^ω^A

そもそも、私たちが住む日本には どんな種類の【蚊(カ)】が生息しているのでしょうか。

(白黒模様の蚊の名前って 知ってますか?)

【日本の蚊の種類】や【蚊の生態】を調べてみました。





日本で見かける蚊は主に3種類

日本国内で見かける【蚊(か)】は、およそ100種類が確認されています。

(えっ!!100種類も飛んでる?とビックリしますが、世界では さらに多い3000種類が 存在します。)

しかし、国内で私たちが目にする【蚊(か)】は約3種類ほどで、この蚊がたくさん生息しています。

●アカイエカ:体長約5.5mm。腹背部は橙色がかっている。

●ヒトスジシマカ(ヤブ蚊):体長約4.5mm。黒い体色に白い縞(シマ)があり、胸部の背側に白色の縦線が1本入っているのが特徴。

●チカイエカ:体長5.5mm、灰褐色〜赤褐色で腹部背面の各節に白帯がある。

体や翅に斑紋は無く、脚も暗褐色で白帯はない。

メスだけ吸血する蚊の生態(生息地)

【蚊(カ)】は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫です。

ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500~3000種が存在。

ヒトなどから吸血し 種によっては 各種の病気を媒介する衛生害虫ですので、甘く見てはいけません。

1億7,000万年前 中生代ジュラ紀の地層から発見されているのが、最も古い【蚊】の化石となります。

(twitterより ↓アカイエカの画像)

さて 夏の夜 周囲を飛び うっとうしい【蚊(カ)】ですが、じつは吸血(血を吸う)するのは【メスの蚊】だけ。

(産卵のための栄養源として吸うので、主食が血ではない)

刺す針といえば、1本の印象ですが「6本の針」で人や動物の身体を刺します。

蚊の口は6本の針に分かれており、それぞれの針には皮膚を切り裂く・血液を通す・蚊の唾液を注入するなど違う役割があります。

1回の吸血量は【蚊自身の体重分】と同じくらいで、吸った分 体重が増えるため 動作も遅くなります σ(^_^;)

反対に オスの蚊は血を吸わず、花の蜜や草の汁を吸って生きているのです☆

その 生息している分布地域ですが、アカイエカは「北海道、本州、四国、九州(奄美、沖縄、小笠原、東南アジアでは、別亜種のネッタイイエカが分布)」。

ヒトスジシマカは「秋田県と岩手県が分布北限で、それ以南に分布」。

チカイエカは「北海道〜九州に分布」となります。

ところで【蚊(カ)】は、水のあるところで産卵しますが、キレイな水・汚れた水など 産卵場所は 蚊の種類により異なります。

ですので、蚊の幼虫[ボウフラ]の生息場所は 水田、池、沼、浄化槽、下水溝、古タイヤの溜まった水、どぶ、空き缶、空き瓶の水たまりなど色々なのです~。

また 成虫になったヒトスジシマカは 移動距離が少なく 生まれた場所から半径100メートルほど。

反対に アカイエカは 数キロメートルも移動が可能です。

(【蚊の種類】がちがうように 移動距離も異なるのですね~)

さらに 面白いことに『カに刺される時間』も【蚊の種類】により異なります。

たとえば、ヒトスジシマカ(通称:ヤブ蚊)は、昼~夕方にかけて血を吸います。

アカイエカは、夕方から夜にかけて血を吸いますので、寝ているときに刺されるのはアカイエカかな。。。

また、チカイエカは 名前が関連するのか不明ですが「地下鉄」などで見かけられ、年中 ブーンと飛んでいます。

(※ アカイエカとチカイエカの見た目は 大変似てるので、区別も困難です)

セミより短い「蚊の一生」

セミの成虫での一生は短いというのは、よく聞く話ですが【蚊の一生】は どうなんでしょうか?

1.水面や水辺へ【蚊(か)】が産卵する

2.幼虫である[ボウフラ]が生まれるのは 1,5日~5日目ほど。

3.水中で過ごす[ボウフラ]は、7日~10日ほどで4回の脱皮を繰り返し『オニボウフラ(サナギ)』となる。

(※『オニボウフラ(サナギ)』になるのはアカイエカです)

(※オニボウフラ=胸背部に1対の呼吸管があり,その先端を水面に出して呼吸。さなぎは通常オニボウフラといわれている。)

4.『オニボウフラ(サナギ)』は、2,3日 水中生活をする。

5.その後【蚊(か)】の成虫となり2,3週間生きるが、その間 交尾、産卵をする。

(アカイエカは150~400個の卵、ヒトスジシマカは80個ほどの卵を産む)

セミは土中生活が数年もありますが、蚊の場合 生まれてから死ぬまで1ヶ月ほどでしょうか。

虫ですから、やはり 寿命は短かかったですね (*v.v)(しかもセミよりも。。。)





蚊によって起きる病気『蚊媒介感染症』

寿命が短いからと、侮ることなかれ!

【蚊】にさされると、かゆいし腫れますが、その理由はアレルギー反応を起こすからです。

また 痒いからと、かきむしってしまうと傷ができ「とびひ」にもなりますので、まずは冷やす等して かかないことが大事。

あまり腫れがひどいときは、皮膚科など病院で診察してもらったほうが良いでしょう。

しかし、なにより蚊に刺され、一番 心配なのは『蚊媒介感染症』。

日本では「日本脳炎(コガタアカイエカ)」「デング熱」がよく知られています。

海外では「マラリア」「デング熱」「ウエストナイル熱」。

また動物のペットの病気として「フィラリア」があります。

アカイエカは「フィラリア(糸状虫症)」を媒介しますし、もし 西ナイルウイルスが日本に侵入したら、その媒介者となる危険性もあります。

ヒトスジシマカでは「デング熱」の媒介者として重要で、西ナイルウイルスを媒介する危険性も。。。

チカイエカも「フィラリア(糸状虫症)」を媒介、また西ナイルウイルスが日本に侵入すれば、媒介者となる危険性もあります。

このように、日本でよく見る【蚊】ですが、意外と恐ろしいことがわかります。

地球温暖化で日本も毎年 気温が上がり「亜熱帯化」が進んでいることから『蚊媒介感染症』にも注意しなくてはならない実情になりつつあります。

ホント!?蚊に刺されない方法

ふいに飛んでくる【蚊(か)】ですが、人間であれば誰でも刺すわけではなく「記憶・学習能力」が 蚊にも有ることがわかったのです。

アメリカの生物学系学術誌「Current Biology」によれば “ 叩かれそうになった蚊は、その危険をさけるため その叩いた人間の体臭を記憶し さける能力がある ” ということです。

しかも、30分や1時間の短時間ではなく、24時間も その体臭をさけるそう (☆。☆)

(避けることに加え、その体臭を何日も覚えているようです)

つまり・・・もし【蚊(か)】をパチンと叩き 命中不可能であっても 叩く動作は【蚊に効果】があるということ★

すこしおかしな言い方ですが【蚊】にたいして 叩く動作や、大げさな動作(おどるとかダンスとか 笑)をつづけてみましょう。

その人を刺すため【蚊(か)】は寄ってくることが なくなります ( ̄▽ ̄*)。

(史上初の研究結果発表ですからね)

これは、とてもカンタンな方法なので わたしも試してみたいと思います!





おまけ:蚊取り線香が渦巻きの理由

一昔まえでは おばあちゃん家などに置いてあった 夏の風物詩【蚊取り線香】★

しかし、今では【蚊取り線香】に変わる 新たな商品が販売されています。

たとえば 定番の液体電子蚊取り器具。

ほかにも、スプレー式で「24時間蚊がいない空間を持続」する蚊取り器。

ですから、渦を巻いている【蚊取り線香】なんて、知らないかたも多いかもしれません。

さて そんな【蚊取り線香】ですが、形状がユーモアです。

どうして【蚊取り線香】はグルグル渦巻きなのか?

その理由は ちゃんとありました (・∀・)/

除虫菊(じょちゅうぎく)を使用した【蚊取り線香】を作った会社は「金鳥(きんちょう)」。

明治23年 最初に作られた【蚊取り線香】は、長さが20センチほどの棒状でした。

この棒状蚊取り線香は、40分ほどですぐ燃え尽きてしまうのが欠点でした。

(また、運搬中に折れやすいというのもデメリットでした)

そこで、明治28年(1895年)に金鳥(きんちょう)の会社社長・奥さんが考案したのが「渦巻き型」でした。

棒状では20センチの長さが、ぐるぐると渦巻くことで長さが「75センチ」にも★

アカイエカなどが出回る 夜の就寝中には 約7時間持続し燃えてくれるのです、素晴らしい~。

ちなみに、ナゼ【蚊取り線香】は緑色なの?といえば・・・暑い夏に使うので涼しい色にということ。

また蚊取線香ができるまでは、虫よけに「蚊遣り」といって ヨモギの葉などの草の葉を燃やしていたそうです。

その草葉のカラーをイメージし緑色にした理由のひとつです (^ε^)♪

日本(ニホン)で見られる【蚊】は、約100種類が確認されてますが、じつのところ 3種類の蚊がほとんどだと分かりました。

夏の時期には 嫌な風物詩!?ですが、蚊に刺されることは 決してよいことではありません。

『蚊媒介感染症』という 怖い病気にもなりえるということも、頭に入れておいていただければ幸いです。

以上「日本で見る蚊の種類は主に「3種類」~実はメスだけが吸血します~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆災害後の避難生活で【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染症について~
◆災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミークラス症候群)の症状や予防方法】
◆大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは~阪神淡路大震災で知られるように~
◆いつもの咽頭痛が【慢性上咽頭炎】と知らず自分で対処した頃の話~治療から半年で「痛み」はほとんどないです
◆【破傷風の症状】とは?~地震や台風など災害時にも注意すべき感染症です~
◆【熱中症】初期症状は「めまいや吐き気」など~誰にでも起こる【熱中症】の予防や対策方法

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 泉南や田尻・岬町等【プレミアム付商品券】が販売予定~使用は10月…
  2. 初心者でも大丈夫!【コインランドリーの使い方や利用法】~乾燥機や…
  3. 「粉問題」さえ解決すれば【プロコントローラー】は優秀!買うのにオ…
  4. カンタン☆ニンテンドーSwitch本体の充電法・ジョイコン(Jo…
  5. 【リック役・アンドリュー】正式に降板を発表!マギーも降板か?『ウ…
  6. イオンネットスーパーを利用してたが【コープ・生協の宅配】を多く利…
  7. 「ウォーキングデッド」カール役の【チャンドラー・リッグス】新ドラ…
  8. 大乱闘スマッシュブラザーズspecialのファイター【星のカービ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP