生活

WordPress設定での注意点やコツ


スポンサーリンク

WordPressでブログを新たに作るうえで、気をつけて覚えておきたいことを箇条書きにまとめます。

ワードプレス専用で安定のサーバー「wpxクラウド」で契約


新規で申し込む場合は、メールアドレスを登録し流れにそって進めていきます。

今回 新規ではなく 追加でWordPressのサイトを作るので「契約管理(オレンジ色の)」画面から「追加の申込み」をクリック。

※サーバーアカウント、独自ドメインの追加お申し込みを行うことができます。

※住所などの情報を入力する必要はありません。

利用規約に同意します。

「新たにお申し込みいただくサービスのお申し込みをクリックしてください。」と出るので「クラウド サーバー」追加お申し込みを押します。

サーバーIDを入力し「グレードA」で申し込みして完了。

(サーバーの名前になります。)





料金決済しレンタルサーバー「wpxクラウド」と契約

設定完了後、登録メールアドレスに「設定完了の案内」が来ます。

wpXサーバーアカウント設定完了のお知らせ [試用期間] が、すぐメールに届いてますので確認ください。

2週間「試用期間」があるのですが、この期間までに料金の支払いをします。

未払いですと、サーバーアカウントを凍結されるのですぐに支払いを済ませます。

クレジットカードを選択し、1年分の¥6480を支払います。

クレジット決済完了後、「【wpX】ご利用料金お支払い確認のお知らせ」

という件名メールがすぐに届くので、これでレンタルサーバー契約は完了になります。

次に「ドメイン」を取得します。

独自ドメインを「ムームードメイン」取得

「ムームードメイン」に入ります。

自分の希望する、ほしいドメインを入力して検索します。

取得可能な場合、一年間の値段と○が表示されます。

好きなものを選びます。

そして支払いも進めていき「ドメイン取得」となります。

wpxクラウド&ムームードメイン「紐づけ」方法

サーバーの契約とドメインの契約が完了!

もう新しく契約するものはありません。

次はこの二つを紐付けます。

必要な手順はムームードメインでサーバーの設定をする。

wpxでドメインを設定する。

この2つを行なっていきます。

つまり wpxクラウドとムームードメインの「紐づけ」をします。

1.ムームードメインのコントロールパネルを開きます。

2.設定するドメインをクリック

3.「ネームサーバー変更設定」を押します。

4.「GMOぺぽパ以外のネームサーバーを使用」に○を入れ「設定変更」をクリック。

5.ネームサーバの1からサーバー3の空欄に上から順番に以下を入力。

ns1.wpx.ne.jp
ns2.wpx.ne.jp
ns3.wpx.ne.jp

(そのまま半角で入力をしましょう。)

(これを間違えると紐付け不可能ですので、間違えずに入力を。)

6.「ネームサーバー設定変更」を押して終わり★

※ネームサーバの設定を変更しましたが、レジストリ、レジストラやプロバイダでの反映には2~3日かかる場合があります。反映されるまでしばらくお待ち下さい。

続いて、サーバー側からもドメイン設定の必要がありますので行います。

wpxクラウドサーバーでドメイン設定(紐付け)

「wpxクラウド」の管理画面へ入ります。

(※管理画面右上のサーバーIDを追加したものに変更しときます!忘れずに)

WPXクラウド サーバー管理パネル ” ドメイン追加設定 ” をクリック。

” ドメイン追加 ” クリックしてから、” 他社管理のドメインを追加する ” をクリック。

(他社管理の…とは「ムームードメイン管理ドメイン」という意味)

ドメイン名には、空欄にムームードメインで取得した自分のドメイン名をいれます。

ネームサーバーをムームードメインに設定するので ” Whois認証 ” を 選んで「ドメインの追加(確認)ボタン」をクリック。

ちなみに、ここに上で設定した ”指定ネームサーバー” が書かれています。

これでサーバーとドメインの関連付けは完了です。

↓ 以下のような文章が表示されて、完了できない場合は時間をおいてから、再度「ドメインの追加(確認)」を行います。

※WHOIS情報を確認できませんでした。

※Web認証またはメール認証での追加作業をお願い致します。

wpXクラウドへ「WordPress」インストール!

無事に ドメイン設定の追加を完了しました★

続いて 追加したドメインを利用し、WordPressのインストールを行います。

1.「追加したドメインにWordpressをインストールする」をクリックする

2.サイトアドレス:すでにドメインで名前を決めたの何も入力しないでください。

WordPressID:ワードプレスにログインする時に必要になります(大事)

ブログタイトル:決めておいたブログのタイトルを入力してください

メールアドレス:メールアドレスを入力してください

入力が終わったら「次へ進む」をクリック。

3.サイトアドレスを確認し問題なければ「確定(WordPressをインストール)」をクリックします。

早速 ワードプレスのインストールが始まります。

4. 30分もかからず インストールは完了します。

5.先ほどのユーザーIDとパスワードで ログイン可能。

一応 全ての作業が終わりワードプレスのインストールも完了しました。

あとは、好みのテーマを探してインストール。

プラグインなどをインストールし使い勝手を確認していきます。





ワードプレス基本設定をする

好みのテーマを探してインストールする前に、WordPressの基本設定を先にしておきます。

これは、既存のブログを確認しながらすると良いです。

●行なうワードプレス基本設定

1.キャッチフレーズを空欄にする

WordPressアドレス(URL)の「http://~」に「https://~」と「s」を付け足す

サイトアドレス(URL)の「http://~」に「https://~」と「s」を付け足す

2.パーマリンクを設定

3.プラグインの導入

(プラグインは、既存ブログを見て各設定する)

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)の場合、有効化すると、さらなる設定が必要です。
Akismet を設定します。

API キーを入力しますが、既存ブログにあるAPI キーを使います。

(インストールされた既存ブログAkismet Anti-Spamをひらいて確認)

Jetpack の設定もします。

「Jetpack 経由で連携」も行います。

一番下のName Your Priceが無料プランですので、それをGetして戴くと、のちのちAPIキーが発行されると存じます。

あとは、そのAPIキーをWordPressで表示されているところの、APIキーの部分に入れて、保存して頂ければOK

テーマをインストールし「有効化」を押します。

4.アナリティクス・サーチコンソールの設定

5.ワードプレステーマを変更する

6.サイトのファビコン作成

基本設定ができれば、ブログ記事を書いていきましょう。

記事数が30記事ほどになったら、グーグルアドセンスの広告申請を行います。

人間用サイトマップの作成方法

サイトを訪問した人が見たときに、見やすいものが「サイトマップ」。

まずは、人間用のサイトマップ作成方法です。

1.プラグイン「PS Auto Sitemap」をインストール。

一番下の画面 ご利用方法までスクロール。

サイトマップを表示させたい記事を作成します。
作成した記事のcontent部分に、HTMLモードで以下のコードを入力します。

記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

2.をコピー。

3.「固定ページ」を新規で作り、その記事内に貼り付け。

4.入力が完了したら、公開ボタンをクリックして固定ページを公開。

5.ページ公開後、ブラウザに表示されるURL「postの次の数字」をコピーメモ。

6.「PS Auto Sitemap」へ戻ります。

7.「サイトマップを表示する記事」のところに「postの次の数字」を入力して保存。

これで、サイトマップができあがります★

グーグル用のサイトマップもあるので、注意が必要です。

グーグル用のサイトマップ設定

グーグル用のサイトマップは「Jetpack・トラフィック」をひらきます。

「Jetpack・トラフィック」の下へスクロールすると「サイトマップ」があります。

「XMLサイトマップを生成」をオンにして完了。

Jetpackのその他の設定は、すでに存在するブログ(しぼブログ)を確認してやりましょう。

その他プラグインの設定

他にもあるプラグインは、ただインストールしただけでは機能しません。

有効化にしたあと、細かい設定をしていきます。

すでに存在するブログを確認しながら間違えず設定します。

(自戒をこめて)

All in One SEO Packや、HeadCleanerも大事。

しっかり設定を!

※プラグインの更新ですが、すぐに更新せず1週間ほどあけてから更新すること。

(4,0とか4,1とかの更新は 日にちをとり、普通に更新してOK)

Head Cleanerインストール・有効化後の「不具合」対処

プラグインHead Cleanerをインストールし有効化してから、英文字のエラーメッセージが出てしまいました。

(エラーというのは、プラグインだけではなく色々と問題があると発生します)

上記エラーメッセージは「Head Cleaner」を停止すると消えるのですが、、、

しかし「Head Cleaner」は重要なプラグインです。

ですので、停止しておくわけにはいきません。

一つの方法として「WordPressバージョンをダウングレード」させることもあります。

しかし、このエラーを解消できても一時的に過ぎません。

今後、またバージョンアップなどで発生しかねません。。。

(※もっともダウングレードしても、今回のエラーは解消しない可能性も。)

正直、WordPressは最新バージョンを使わないほうが、セキュリティー上の問題が大きくなってしまいます。

ただし、このエラーメッセージの場合、大半は些細なエラー(プログラムの極小さな問題)です。

そのエラーにその都度、対処する必要性はありません。

サイト表示されないと問題ありですが、普通にサイトがブラウザに表示されていれば、大丈夫です。

ということで、エラー発生していても「エラーメッセージが表示されない対処をする」と言う選択肢を使います。

この場合、WordPress管理画面ではなく、レンタルサーバー「WPXクラウド」側の設定で対応可能です。

php.ini設定を行います。

「display_errors」の設定を「OFF」にすれば、エラーメッセージは表示されなくなります。

最悪 「Head Cleaner」を使わなくても構いませんが、それは現時点での対処に過ぎません。

将来また何かあると、再度 エラーメッセージが出る可能性は残ります。

固定ページの作成

固定ページの作成もおこないます。

1.お問い合わせのページ

2.サイトマップ

3.プライバシーポリシー

上記は「固定ページ」で作成して公開します。





新サイト作るごとに行なう「自動広告」設定

「自動広告」設定は、新しいサイトを立ち上げるごとに行います。

1.グーグルアドセンスへ入る

2.「広告の設定」クリック

3.「自動広告」をクリック

4.「自動広告を設定」をクリック

5.コードが出るので、コピー!

6.新サイトへ戻ります。

7.「外観」ー「テーマの編集」ー右サイドバーより「テーマヘッダー」をクリック。

〈?PHP WP head ?と書いた〉ところ

上記部分を探して、先程コピーしたコードを貼り付け。

入れた目印のために 〈!!ーーーアドセンスーーー!!〉〈!!ーーーここまでーーー!!〉  を入れる。

最後にファイルを更新して完了。

これは、新サイトのたびに行います。

そして、貼り付ける場所を間違えないよう慎重に!

広告コードの作り方

アドセンス広告を作る方法です。

1.アドセンスをひらく。

2.「広告の設定」→「広告ユニット」→「新しい広告ユニット」→「テキスト広告とディスプレイ広告」をクリック。

3.広告サイズが出るので「長方形」300✕250 レクタングルを選択。
(テキスト・イメージ300・250に)

4.その広告コードに名前をつける(サイト名)

5.コードを取得(コピー)(非同期)

6.「記事内広告」の場合も同じで、「記事内広告」から作成し、コードをコピー。

つづいて、AdRotateへ戻ります。

「AdRotate」での管理

プラグインの「Ad-rotate」で広告管理をするので、コチラの作業も必要です。

まずは「AdRotate」→「Adverts」へ。

1のデモをクリックしタイトルを入れます。

「アドセンス広告・共通」と入力。

〈b〉〈CENTER〉スポンサーリンク
〈BR〈/b〉

を入れて、記事内で「スポンサードリンク」が表示されるよう追加しときます。

※関連コンテンツは100記事になったら作りましょう。

※インフィード広告は・・・不要かも。

広告期限の設定「AdRotate」

サイトに広告が表示される期間を設定しておきます。

「AdRotate」→「Adverts」へ。

下にスクロールすると「Schedule your advert」というところがあります。

その「End date」を2050年4月5日など、30年後くらいに設定。

設定しないと、期限になると広告は消えていまいます。。。

「Save Adverts」を押して完了。

※「Schedule your advert」は、各広告に設定します。

ブログ・アイキャッチ画像下に「広告」設定

ブログ・アイキャッチ画像下に「広告」設定の方法です。

まずは、WordPressテーマ 外観「コア」テーマ編集へ。

テーマファイルのスタイルシート「個別投稿 (Single.PHP)」をクリック。

〈!ーーアドセンス・記事上ーー〉
〈!ーーアドセンス・記事下ーー〉と目印をつけて更新を押す。

コチラも間違えないよう、以前入れたブログを手本に間違いなく実行します。

(コピーしても良いので、間違えずに行なうこと)

メニューの編集

メニューの編集ですが、こちらも既存のブログで確認しながら作ります。

「メニューの編集」と「位置の管理」がありますから、それぞれ設定します。

(Header、footerと設定)

そして最後に保存を押します。

メニューには、あらかじめ「カテゴリー(8個以内)」を作り、ヘッダーへ入れます。

WordPressの設定は、落ち着いて行なう事が大事です。

テキトーに設定すると、大変なことになります。

再び、私自身が分からなくなった場合に「WordPressの設定、その他」というブログを書いて残しておきたいと思います。

(※ 他のサイトを観ますと、いろいろな情報があります。皆様のやりやすい設定で行なってください)

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 画面が割れたASUS【ZenFone4(ゼンフォン4)】~修理し…
  2. 【猛烈な勢力の台風】【強い勢力台風】の言い方は何で決まる?平成3…
  3. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  4. 泉佐野の公園~駐車場無料【泉佐野丘陵緑地】で夏休みこども自然教室…
  5. 山﨑賢人さんの夏ドラマ「グッド・ドクター」が始まる前【ホンマでっ…
  6. 大阪・泉南での恐怖!台風21号【電柱が何本も倒れた道路】は今~電…
  7. カッコ可愛い~GU(ジーユー )メンズ【クルーネック半袖シャツ】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP