災害

津波警報・注意報は3種類~小さな地震でも【津波】が来ることもある~

海のある市町村に住んでいると、心配・不安に思うことが【地震による津波】。

特に、大きな地震が発生した後、津波が襲ってくるのでは!?と不安に感じます。

地震による津波から、一刻も早く避難するため『津波警報』などの警報が気象庁から出されます。

津波の高さ想定による 津波警報・注意報の種類の詳細。

また、警報の発令により 想定される被害と取るべき行動など調べてみました。





分類は「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」

気象庁が発表する「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」。

上記のように 津波警報・注意報の種類は3種類あります。

そこで 警報(注意報)が発表される基準や津波の高さを紹介します。

●「大津波警報」

・「大津波警報」は 2013年3月7日から正式に採用された区分

・予想される津波の高さが 高いところで3mを超える場合 発表される。

ー津波の高さ予想の区分ー
・10m超 (10m<予想高さ)
・10m (5m<予想高さ≦10m)
・5m (3m<予想高さ≦5m)

●「津波警報」

・予想される津波の高さが 高いところで1mを超え 3m以下の場合 発表される。

ー津波の高さ予想の区分ー
・3m (1m<予想高さ≦3m)

●「津波注意報」

・予想される津波の高さが 高いところで0,2m以上、1m以下の場合であり、津波による災害のおそれがある場合 発表される。

ー津波の高さ予想の区分ー
・1m (0.2m≦予想高さ≦1m)

(気象庁の津波警報・注意報、津波情報、津波予報について)

↑「津波の高さ予想区分」を見ますと 1m、3m、5m、10m、10m超と5段階の数値で気象庁は発表します。

しかし、マグニチュード8を超えるような「巨大地震」が起きた場合、すぐに正しい地震規模を計ることが難しい。。。

そのため 海域における 最大の津波想定などをベースに 津波警報・注意報を発表。

発表時には、津波(つなみ)の高さを[巨大]や[高い]という言葉を使い 非常事態であることを 日本国民に伝えます。

※「巨大」と予想する大津波警報が発表された場合、東日本大震災のような巨大津波が襲うおそれがあります。
できる限り 急いで避難を!

ところで「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」では、想定される被害が違ってきます。

被害の大きさを予想すれば、何をすべきか?という行動も変わってきます。





津波警報(注意報)での「想定の被害と取るべき行動」

津波警報(注意報)が発表されたとき、以下のような被害が想定されますので、このように行動するように  と気象庁が記載しています。

●「大津波警報」が発表されたら・・・

木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。

[取るべき行動]
沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。

津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないこと!

(ここなら安全!と思わず、より高いところを目指し逃げます)

●「津波警報」が発表されたら・・・

標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生。

人は津波による流れに巻き込まれます。

[取るべき行動]
沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。

●「津波注意報」が発表されたら・・・

海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。

[取るべき行動]
海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。

(気象庁の津波警報・注意報、津波情報、津波予報について)





津波警報(注意報)が発表される仕組み

そもそも津波警報(注意報)が 国土交通省・気象庁から発表される仕組み(流れ)は どうなっているのでしょうか?

気象庁は、地震が発生したら 地震波形を用いて 地震が発生した位置・深さ 及び その規模(マグニチュード)を推定します。

それらの計算をもとに 沿岸での津波の高さ 予測を行います。

地震が発生してから 約3分(一部の地震については約2分)を目標に「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」を 津波予報区単位で発表します。

実際は「津波の予測計算」には 時間が必要です。

しかし、人命に関わる大事な発表ですし、一刻を争うものです。

そのため、気象庁では あらかじめ “ 数十万通り以上の地震を想定した結果 ” を用意してあります。

その中から、一番近い結果を選び出し 警報等を発表するのです。

地震発生3分までに警報発表の理由「津波はすぐ来る!」から

気象庁は、地震が起こってから3分経過までに「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」を発表するよう目標としています。

これには、理由があります。

つまり “ 津波(TSUNAMI)はすぐ あっという間に来る ” ということです。。。

1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒 北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)が起きました。

マグニチュード7.8で 北海道 奥尻郡 奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震です。

北海道南西沖地震では 30メートル以上の津波(つなみ)が襲い、死者・行方不明者は230名と多くの犠牲者が出ました。

この地震による第一波の津波(高さ10メートル)は、地震発生後の4,5分後に 奥尻島をおそいました。

当時、気象庁は 地震発生後 5分後に「津波警報」を発表したため・・・間に合いませんでした。

このような、辛い経験により 現在は「地震発生後3分までに警報(注意報)を発表」することを目標としています。

小さい地震の揺れでも「津波」が来ることもある

大地震が発生すれば「津波が来る!」と 頭にイメージのわく方が多いと思います。

じつは 地震の大きさ(揺れ)が小さくても【地震による津波】が襲うことは大いにあります。

これは、小さい揺れにもかかわらず 大きな津波を引き起こす『津波地震』と呼ばれる地震があるからです。

事例としては・・・1896年(明治29年)に発生した『明治三陸地震津波』。

明治三陸地震(めいじさんりくじしん)は、1896年6月15日午後7時32分30秒 岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)東方沖200kmの三陸沖を震源として起こった地震。

各地の震度は2から3と小さい揺れであり、ゆるやかで 長く続く震動であったが 誰も気にしない地震であった。

(最大は秋田県仙北郡の震度4)

ところが 大津波の第一波は、明治三陸地震発生から約30分後 午後8時7分に 30メートル以上の巨大津波が襲い、甚大な被害が出ました。

(到達した範囲は 北海道から宮城県まで、約22000人の死者が出た)

ですから、大きな地震のときだけでなく、小さな地震後も 侮らず 海岸沿いに住むかたや、釣りや夏の海水浴などレジャー、観光で訪問している場合など 津波警報が出るのを待たず 早急に海から離れ避難しましょう。

津波(つなみ)が発生する理由は・・・・・・

“ 大地震が海底の下で発生したとき 海底が盛り上がる または 沈む。この上下に動いた海底面上の海水全体が持ち上げられたり 引き下げられたりすること ”

津波が起きたとき、原則としては「徒歩で避難」です。

(なぜなら、クルマで移動すると渋滞に巻き込まれるから)

避難時に 高台まで距離があり 逃げられない、間に合わない!と判断したら・・・

「鉄筋コンクリート製の建物ビル(マンション)」の できる限り高い階まで上がり 逃げましょう。

そして、津波は1回来たら もう来ないわけではありません。

津波は 何度も押し寄せ 第2波以降の波が急に高くなることも。。。

また、津波の破壊力は恐ろしく 東日本大震災でも 堤防や建物なども壊れてしまうほどでした。

「大津波警報」「津波警報」「津波注意報」が解除されるまでは、自分勝手に判断せず 高台など安全な場所で避難を続けましょう。

以上「津波警報・注意報は3種類~小さな地震でも【津波】が来ることもある~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
◆豊臣秀吉の時代に遭った【2つの大地震】~豊臣政権を失墜した理由の一つか!?~
◆地震魚とも呼ばれる深海魚【サケガシラ】~2019年2月にも鳥取県の海岸で発見~
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆河川氾濫の前に【避難の方法】~浸水被害に遭う前にすることや避難所への持ち物~ 

                               

 

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 最新の大地震予測「東京・神奈川・静岡東部を含む首都圏と東海」か~…
  2. 【段ボールベッドの断熱効果】~避難所の床でそのまま寝るより「断音…
  3. 【地震雲】の信憑性は?【地震雲】目撃すると本当に大地震が起こるの…
  4. 【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
  5. 地震魚とも呼ばれる深海魚【サケガシラ】~2019年2月にも鳥取県…
  6. 豊臣秀吉の時代に遭った【2つの大地震】~豊臣政権を失墜した理由の…
  7. 地震(災害)対策~自宅で備蓄の水は最低限【1週間分】~大人の飲み…
  8. よーく見ると違う【緑色と白色の非常口看板】の2種類の相違~看板背…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP