災害

台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物(非常食以外)】~電気が使えない時便利なグッズ~


スポンサーリンク

2018年9月4日 日本・関西を通過した「台風21号」は 大阪や和歌山、京都など 広い範囲で『停電や断水』が発生しました。

ライフラインが短時間で復旧すれば まだ良いのですが、今回は 数時間どころか 何日もかかり復旧されました。

特に[大阪府・泉南市などの泉州地域]の台風被害はもちろん、ライフラインの断絶したところが多かったです。

電気や水が使えなくなると、現代の日本では 本当に大変です。。。

たとえば、停電すれば「電灯はつかない」「冷蔵庫はとまる」「固定電話もできない」「パソコン止まる」「災害情報のテレビ鑑賞不可」・・・

電気が途絶えると 多くのことが出来ないと知り、ある意味 ガックリします。

一年に何回もある「停電」ではありませんが、“ 緊急事態の停電 ” は いつ起こるかわかりません。

そこで、電気が使えない、停電になったとき 『家に備蓄していれば安心の物や便利グッズ』を紹介します。

(台風21号を経験した知人などに聞いた 便利グッズも紹介します)





「懐中電灯またはLED懐中電灯」は必要

特に 台風などによる「停電」では、天気が荒れており 台風通過後も 外は どんより暗いことがあります。

もちろん、夕方~夜になれば 電灯をつけることが出来ず ますます暗くなっていき 小さな子供さんにとって「怖い」と思うこともあります。

『真っ暗な家の中』になってしまう前に まずは【灯りの確保】です。

懐中電灯があるなら、屋内が明るいうちに「電池」を入れ 電灯がつくかチェック。

電池が切れているなら、できるだけ急いで部屋内の「電池」を探しましょう。

どうしても 懐中電灯が一つも無いなら 隣のご近所さん にお願いしてみてはいかがでしょうか σ(^_^;)

(災害が起きる前から ほどほどの交流がなければ 難しいかもしれませんが。。)

一般的に4,5人の家族で住んでいる場合「懐中電灯が1個のみ」では 停電中は大変と 台風被害が起きわかりました。

非常事態時に備える懐中電灯は 3~4個は ストックしても良いです。

【懐中電灯の予備】は 数が少ないより 多いに越したことはありません。

(近所や困っている方に、貸すこともできますから☆)

まだ 購入されてないかたは、できれば長寿命の「LED懐中電灯」がお勧めです。

普通の懐中電灯は、電池は外していても「豆球の球切れ」が起きるからです。

●「LED(発光ダイオード)」と「豆球」の違い

主に発光部分の構造が異なります。

LED…発光部分が半導体でできているため省電力で発熱が少なく、電池寿命が長くなります。

さらに球切れの心配がほとんどなく交換の必要性がありません。

豆球…発光部分がフィラメントでできているため使用を重ねると球切れが起こります。

(パナソニックLED強力ライト より引用)

こちらの「パナソニックのLEDライト」は 長期期間の球切れの心配がないです。

電池寿命約60時間。

『パナソニック LED懐中電灯』をチェック。

豆球ライトより、約8倍長もち!(BF-211F/C比)

明るい200lxで、広い範囲を明るく照らします。

『パナソニック LED懐中電灯 電池がどれでもライト』をチェック。

「手回し懐中電灯」や灯りが広がる「ランタン」も便利

また、電池がないときでも安心!

“ 手回し発電 ” で ↓ 電力を確保するタイプの【手回し懐中電灯】も売っています。

『防災ラジオ LED懐中電灯 手回し充電器 』をチェック。

(停電すると、テレビがつかず 災害情報が分からなくなりますので、ラジオも聞けると安心ですね)

ところで、無いよりは有ったほうが良い「懐中電灯」ですが、その光は一直線しか照らしません。。。

家族が集まるリビングやダイニングでは、一直線の灯りより “ 空間全体を照らす灯り ” のほうが ゼッタイお勧めです。

緊急で「懐中電灯」のみ使い、灯りを広げる方法として 『レジ袋』等をかぶせると、ぼんやりと広がるようです☆

しかし できれば 災害が発生してない平時に アウトドアで定番の【ランタン】を購入しておくと良いです。

『GENTOS(ジェントス) LED ランタン』をチェック。

とにもかくにも 紹介した LED懐中電灯や 手回しライトなどの特殊なライトだけでなく「普通の懐中電灯」でも 緊急事態時には 大変便利ですので 平時のうちに 準備しておきましょう。

(※ ローソクは 火事の危険性や火傷の元など オススメ出来ません。。。)

ところで、普段 使わないと『懐中電灯(ライト)が なぜか点灯しない』ことが 多くあります。

灯りが点かない理由を引用させて頂きますので、参考にしてください☆

●懐中電灯(ライト)で、点灯しない時に考えられる原因は?
以前使用していた懐中電灯(ライト)を、久し振りに使用しようとするが点灯しない多くの原因は、乾電池の液漏れです。

【電池の液漏れについて】・・・
多くの場合は、入れっぱなしによる乾電池の液漏れが原因です。

これらの大半が、乾電池の過放電と考えられます。

■懐中電灯(ライト)での乾電池の液漏れを防止するには、次の事に注意ください。

・使用後は必ず、スイッチを「切」または、「OFF」にする。 

・使い切った乾電池はライトからすみやかに取り出す。

・長期間入れっ放しの場合は乾電池を本体より外して保管する。

・新しい電池と古い電池を混ぜて使わない。

・違う種類の電池(例:アルカリ電池とマンガン電池)や違うメーカーの電池を混ぜて使わない。

■ライトのメンテナンスについて
・まず、正常点灯するかを確認してください。

・液漏れを確認する場合は、目安としては1ヶ月に一度、乾電池を取り外してライト本体内部に液の付着が無いか、確認をお願いします。

・液の付着が確認された場合は、端子板をウェットティッシュなどで拭き取ってください、処置後は手をよく洗ってください。

・点検の際には、電池端子などもティッシュペーパーなどで拭いてください。

(パナソニックのよくある質問 ライト/懐中電灯 より引用)





さて、続いて 停電のとき 有れば便利な物は・・・「モバイルバッテリー」です。

スマホや携帯電話の「モバイルバッテリー」

つい さっきまで充電中の「スマートフォンやアイフォン」。

ところが、停電すれば スマホ充電は 即座に不可能となります。。。

そんな時に限って “20%の充電しかない。。。” などとなりがちです。

案外と 持っているかたが多いのは【モバイルバッテリー】。

一日ほどの停電ならば ↓【モバイルバッテリー】が多いに役立つでしょう (^-^)

『Anker PowerCore II Slim 10000 (Power IQ 2.0搭載 大容量モバイルバッテリー) iPhone & Android各種対応』をチェック。

ところで、私は知らなかったのですが 知人が話していたのは、電気が使えないばあい、太陽の熱や光を利用した【ソーラーモバイルバッテリー】が良いよ!ということ o(^▽^)o

実は、わたくしは【ソーラーモバイルバッテリー】の存在・・・知りませんでした。

我が家にはありませんが、台風や地震など非常時には これはお勧めだ~と感じました☆

電気が利用できない「停電の中」では【普通の携帯(モバイル)バッテリー】では やはり数日も役立ちません。

この【ソーラーモバイルバッテリー】なら、天気が晴天であれば 充電することが可能。

『ソーラーチャージャー モバイルバッテリー 24000mAh 大容量』をチェック。

さて 続いては オール電化住宅等で IHクッキングヒーターが使えないときに、便利な「カセットコンロ」です。

お湯や調理時に便利な「カセットコンロとガス」

「停電」により 台所のIHクッキングヒーターが使えない場合【カセットコンロ】が有ると便利。

(※【カセットコンロ】だけでは使用不可能なので、カセットガスも必要)

水があれば カップラーメンやインスタントコーヒーを飲むにも、お湯を沸かすことができます。

また、赤ちゃんの粉ミルク用のお湯も作れます。

小さめのフライパンを乗せれば「卵で目玉焼きや野菜炒め」など カンタンな料理ができます

ホームセンターに行けば【カセットコンロ】も【カセットガス】も買えます☆

また、Amazonなどのネットでも購入可能です。

『イワタニ カセットフー達人スリムII CB-TS-1』をチェック。

『イワタニ カセットガス オレンジ 3本組』をチェック。

寒い冬の季節には、家族で「お鍋パーティー」することもできるので、まさかの時のため 1台備蓄しておくことをオススメします。

最後に、災害の情報の確保のための「ラジオ」や、その他 あれば便利なモノを紹介します。

災害情報入手のため「携帯ラジオ」

「停電中」では、いつも鑑賞できたテレビが見られません。

ニュースや災害、防災情報を収集したいのに、観ることが不可能なのです。

スマホで 防災情報や新たな地域の動き・情報を知ることはできますが「スマホのバッテリー」が無くなれば おしまいです。

そこで、普段 何もないうちに【携帯ラジオ】を用意しておくと安心です。

『ソニー SONY ポータブルラジオ』をチェック。

電池式のラジオや、手動で発電可能なラジオも販売していますので、用途や使う家族に合わせたラジオを買いましょう。

小型で重量が軽く、AMとFMの両方聞けるものが おすすめです。

(※ 最近ではスマホのアプリで「ラジオアプリ」もありますから、ご参考に♪)

ほかにも・・・「予備電池」「ウェットティッシュ」「ビニール袋」「ドライシャンプー」「缶切り」「紙皿や紙コップ」などあれば良いです。

それらの「災害用の備蓄品」を 家族みんなが知っており、また 分かりやすい場所に保管しておきましょう。

「停電」になったら、まずは電灯の確保!です。

夜になり部屋の中が暗いと 人間はそれだけでも 落ち着いて物事を考えられなくなります。

(気持ちがパニックしますし、小さな子供さんや高齢者でも 誤ってケガもしやすいです)

普通の生活ができる今『懐中電灯などライト』を予備しておくことを強くお勧めします。

(※2018年9月4日大阪を通過した「台風21号」の経験をもとに記事にさせて頂きました)

以上「台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物(非常食以外)】~電気が使えない時便利なグッズ~」を のお話を紹介しました。





ー停電や断水など災害時 関連記事 ー
◆台風21号の恐怖【大阪・泉南の電柱が何本も倒れた道路】は今~電柱を立て直し復旧中~(追記あり)
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!
◆台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した
◆地震や台風で突然の災害!家にある新聞やラップで即席に代用する方法
◆建物の形を知り【地震の揺れの向き】と平行に家具配置を~転倒防止対策のコツ~
◆地震でなぜ【断水】するのか?その理由~吹田市や高槻では水道管破裂が原因で断水~
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~

 


スポンサーリンク

sky

投稿者の記事一覧

自然風景を見るのや 地元・産直市場で買物するのが好きです。
世の中では当たり前でも 私にとって知らない物なら、感動して文章(ブログ)にしちゃいます。

関連記事

  1. 【パナソニックの手回し充電ラジオ】を購入~おすすめ点やLEDライ…
  2. 運動会の熱中症予防に【ポカリスエットのアイススラリー】は氷を食べ…
  3. 平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や…
  4. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  5. 燃えにくい性能を持つ【防炎製品】には布団などの寝具類やエプロンが…
  6. 地方銀行でも交換可能です「千円札の端が破れた」場合の交換方法や持…
  7. 【猛烈な勢力の台風】【強い勢力台風】の言い方は何で決まる?平成3…
  8. 家の中で【地震】が起きたら「机下に避難する」ばかりが正しいとは言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP