災害

平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や非常食~


スポンサーリンク

平成30年(2018年)台風21号(アジア名:チェービー/Jebi)は、徳島県南部と兵庫県・神戸市に上陸。

最大瞬間風速は「大阪の関西国際空港」=58.1メートルを記録(4日13時38分)。

猛威をふるった台風21号は「非常に強い」勢力でした。。。

特に近畿地方を中心に大きな被害(爪痕)を出したのは 私たちにとって 忘れない記憶となるでしょう。

(死者9人、行方不明者0人、負傷者467人)

また、今回の台風21号では[電気や水道等のライフライン]が 断絶する地域が多かったことがショッキングな出来事です。

※ 今 現在(2018年9月13日)においても、大阪府全域:約80軒、京都府全域:約340軒、奈良県全域:約500軒、和歌山県全域:約2,060軒が「台風21号による停電」で困難な生活を強いられています。

停電をすれば、たくさんの不便が出てきます。

(例:災害情報をテレビで見れない、電話が使えない、冷蔵庫が止まる、洗濯機が使えない、パソコンが利用不可能など)

急な停電の際 “ 家にあって便利だった物 ” というのは、↓以下の記事で書いています。

今回は、停電中に “ 家にあれば便利な食べ物(非常食) ”を台風21号の経験より書いていきたいと思います。





まずは「冷蔵庫の食材」を食べていく

平成30年台風21号が、関西を通過したのは9月4日(火曜)でした。

大阪の最高気温は29,9度、最低気温は26,3度と 8月の猛暑を思えば ようやく秋めいてきた温度でした。

その翌日~数日間も 30度前後が続きます。

9月8日には 最高気温が24,6度と 大変過ごしやすい季節になりました。

その気温のお陰で、台風21号による停電で止まった「冷蔵庫」でしたが、庫内の冷気が 意外と保ってくれた印象があります☆

もし 7月、8月 酷暑での「停電」であれば、庫内の冷気がすぐ無くなり、食材が傷みやすかったかもしれません。

しかし「冷蔵庫の食料」は、冷えた庫内に ある程度 保存できたので助かりました。

というわけで、停電後は「冷蔵庫の腐りやすい食材(生魚や精肉など)」から、調理していけばOKでした。

電気が利用できず、冷蔵庫が止まれば つい『クーラーボックス(保冷箱)』へ食品を移動させなくちゃ!!

と、思いがちですが、冬なら あせって移動させなくても大丈夫と思います。

(12月、1月、2月であれば ベランダや玄関など気温の低い場所へ 段ボールに保管しておくのも手です。)

しかし、真夏のばあいは どうだったか分かりません。

庫内の冷気が消えていき、次々と食材が傷んでしまった可能性もあります。。。

ところで、台風21号による「停電」は、数時間や1日では復旧しませんでした。

知人宅では、電気が復旧したのは 9月8日だったそうです。

(台風通過後4日目)

これでは、家族で 冷蔵庫の食品も使っていけば 当然 失くなっていきます。。。

近所のスーパーの店舗やコンビニへ行っても、ほとんどが売り切れ(品薄)の状態。

また、遠くに住む親戚や友人が「非常食や飲み水」を宅急便で送るも 翌日には届かない状況。

(数日後に配達されました)

そうなると、備蓄したインスタント麺やインスタントカレーを食べ 「停電」が早く直るのを祈るしかありません。

備蓄するなら「かさばらない袋麺」

冷蔵庫の食材が減っていけば 買い物へ行くのが一般的ですが「停電」など非常事態では 道路の信号も消灯。

また、営業できないガソリンスタンドの閉鎖、商店街やスーパーの店にも食品の売り切れが多くなります。

(全国からの物流がとまるからです)

そこで、家にストックしてある【カップ麺】などを 非常食として食べることになります。

また、常温保存が 比較的大丈夫な「玉ねぎや人参、じゃがいも」などを【カップ麺】へ一緒に入れて食べれば美味しく頂けます☆

平時のうちに【カップ麺】は買っておくのが良いですが、プラスチックの器はかさばりますので 備蓄には『袋麺』のほうがお勧めです。

(※ 自宅にて避難生活で、水が出るばあい)

【カップ麺】も『袋麺』も、賞味期限は大して変わりません。

災害用に備えをすると「様々な備蓄物」は 意外と場所を取ります。

ですので、5食入りの『袋麺』や 小袋入りのインスタントスープ類、レトルトカレーはオススメです。

『日清 出前一丁 5食P』をチェック。

『クノールカップスープ 野菜ポタージュ バラエティボックス 20袋入』をチェック。

『ハウス カリー厨房 焙煎玉ねぎのビーフカレー 中辛 レストラン用 200g×10個』をチェック。





常温保存しやすい「野菜」は非常事態にも役立つ

「自宅での避難生活」のケースでは 停電でIHクッキングヒーターが使えなくても[カセットコンロ]を常備していることもあり、調理方法も様々に可能です。

レトルトパウチなどの非常食ばかり食べていると、飽きてきますし また栄養的にも好ましくありません。

そんなときは、普段食べている「野菜」を使うのが良いです。

しかし「野菜」にも、長期保存ができるものと 出来ないものがあります。

常温保存におすすめな「野菜」は・・・里芋やサツマイモ、ジャガイモなどの芋類。

また、玉ねぎやごぼうなどの根菜。

夏野菜では、トマトやキュウリ、ナスなども冷蔵庫へ入れなくても良いと言われます。

(しかし、猛烈な暑さの続く真夏では 冷蔵庫へいれてね)

上記は 普段の食事に 多いに使える「野菜」なので、日常の買い物でも 気にして購入しておくと 災害時には重宝します。

反対に、小松菜や春菊、ほうれん草などの “ 葉物野菜 ” は、常温保存では傷みやすいです。

また、椎茸やシメジ、えのき、なめこなどのきのこ類は、常温保存は向きません。

最近 コンビニエンスストアで人気な “ カット野菜 ” も常温保存は雑菌が繁殖しやすいため、オススメではありません。

長期保存ができる「野菜」を 普段からローテーションして使えば 停電などの非常事態時にも役立ちますので、ご参考にしてください。

数時間の「停電」でも、普段の電気が使える有り難さが ひしひしと分かります。

しかし「停電」が長期に渡っている 未だ台風21号被害での地域の方、また北海道胆振東部地震での「ブラックアウト」が発生という深刻な状況。。。。

相次ぐ災害に 心を痛めますが 1日も早い復旧・復興を願っております。

以上「平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や非常食~」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー台風等の緊急事態に必要なもの! 関連記事 ー
◆台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物(非常食以外)】~電気が使えない時便利なグッズ~
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆地震や台風で突然の災害!家にある新聞やラップで即席に代用する方法
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 災害後の避難生活【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染…
  2. 地震(災害)対策~自宅で備蓄の水は最低限【1週間分】~大人の飲み…
  3. よーく見ると違う【緑色と白色の非常口看板】の2種類の相違~看板背…
  4. 長期保存が可能で災害時に役立つ!液体ハミガキ【長期保存用ガム・デ…
  5. 豊臣秀吉の時代に遭った【2つの大地震】~豊臣政権を失墜した理由の…
  6. ゲリラ豪雨など冠水した道路に車が水没したら?~「緊急脱出用ハンマ…
  7. 【地震雲】の信憑性は?【地震雲】を目撃すると本当に大地震が起こる…
  8. 【オーブンレンジ台やスチールラック】の転倒防止~「アイプレートと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP