体と食

口腔粘膜(頬の内側)の赤い炎症は「歯が当たる擦れ傷」で口内炎の痕のことも


スポンサーリンク

食事中に 誤って頬の内側を噛んでしまったり、ストレスや免疫力の低下(疲労)、栄養不足、睡眠不足だと出来やすいと言われる【口内炎(こうないえん)】。

【口内炎】は、口の中の歯茎や ほほの内側(口腔粘膜)や舌などにできる炎症の総称です。

舌や頬肉をかんでしまったがため、出血し【口内炎】となることもありますが、大抵は数日もすれば治癒します。

しかし、治癒した箇所を 再び噛んでしまい出血して、また炎症や傷になることも。。。

そんなときは、歯科で診察してもらい お医者さんに相談するのがお勧めです。





同じ頬の箇所を噛み出血する場合

ついついお腹がすいていたり 時間のないときは 急いでご飯を食べがち。

また、食事中の会話がはずみ よくかまずに食べてしまうこともあります。

とくに、食べ物を慌てて食べるばあい、ほっぺた内側を うっかり噛んでしまうことがあります。

頬は柔らかいため すぐに血が出てきます。

噛んだ痕(あと)は 数日も過ぎれば 自然治癒力で回復しますが、ナゼか同じ頬の内側部分をかんでしまうことがありませんか?

噛んでしまったあと、頬の内傷は 数日程度赤くなりますが、元に修復します。

ところが、数日どころか 1週間、2週間経過しても 噛んだ口内周辺が治らずに まだ赤みや傷跡を帯びて不安。。。

【口内炎】といっても、いろいろな症状があります。

ネットで検索しても、素人がわかることはありません。

赤い【口内炎】みたいで「紅板症(こうばんしょう)」なのか?と勝手に判断し、恐れたりするよりも、安心のため早めに病院(歯医者)へ行きましょう。

歯科で診察し歯を削ってもらう


まずは、かかりつけの歯科に電話し 口内炎(炎症)の症状を説明してから予約します。

それから、後日 診察してもらいます。

『食事中に 同じ頬の中側をかんでしまい 頻繁に出血し傷つけてしまう。1週間以上赤い痕が残っており 紅板症なのか心配』

このような不安ごとを 細かく説明すれば大丈夫です。

歯科医師も、ただの【口内炎】なのか?

『紅板症(こうばんしょう)』なのか?

【口内炎のすれた痕】か?

隠れた重大な病気(癌)なのか?

様々な角度から診察してくれます。

(頬内側の場合、しこりがあるか?固さはあるか?など 触診してチェックされます)

昨日 頬をかんだばかりなのなら、それは「かんだ傷」。

しかし 噛んでから だいぶ日にちが経過しているのに 赤い痕が残っているのは、おそらく[口内炎の痕であり まだ歯にぶつかって擦れている]ということもあります。

(※ 『紅板症』の場合、範囲が広がったり 少しずつ見た目も進行するようです)

擦れないために削る部分は「エナメル質」

頻繁に頬の内側を傷つけてしまえば、食事中も噛まないよう 気をつけて食べるようになります。

それなのに、なかなか赤い痕が治らない。。。

そんなとき、歯科のお医者さんが「歯のかみ合わせ」を確認すれば おおよそ見当がつきます。

頬肉を噛んでないにもかかわらず、赤い傷痕が消えないのは、いまだ周辺の歯に当たり 擦れていることがあるのです。

このような場合、歯をかんだとき、口を開けたときを 歯科先生がチェックし、どの歯が頬に当たり[擦れ傷]を作るのか?目で確認します。

そして、当たっている白歯(エナメル質)を ほんの少し虫歯治療のように削り 擦れない工夫をします。

(いつまでも、擦れて傷があるのは やはり口腔粘膜にとっても良くないから)

ちなみに 歯の白い部分を「エナメル質」と言い、虫歯になってもしみたり、痛いことはないです。

「エナメル質」の内部にある「象牙質」に虫歯が進行すると、しみたり痛みます。

当然「エナメル質」は削り過ぎてはダメですが、頬の内側が当たらないよう 歯科医師が角度調整し 少し削ります。

このような治療には、麻酔もしません。

削る時間も5分もかからないでしょう。

しかし、今回 歯を削ったことにより、他の箇所の噛み合わせが悪くなることもあります。

ですので、数週間後に 再び歯科を診察し[赤い擦れ傷]も見てもらい、削ったせいで他の箇所を噛んでしまうことになった。。。

など無いように 再診察は必ず受けます。

鮮紅色が特徴の紅板症とは

口内炎の痛みはないのに[赤い傷]が治らない。。。

そんな状況が続くと、いろいろと不安になります。

口腔内での[赤い傷]には『紅板症(こうばんしょう)』もあるので、それではないか?とますます不安に。

『紅板症』とは、舌、歯肉、歯茎(はぐき)や頬の粘膜内側に生じる病気で、鮮紅色が特徴です。

白板症という病気もありますが『紅板症』のほうが、かかる頻度は低い。

しかし、悪性化の確率が50%ほどと高く 治療方法は「切除」が基本です。

初発症状では刺激痛があることもあり、羅漢率は50代以上の患者が80%を占めます。

このような『紅板症』という恐ろしい病気もありますが、素人が何回も鏡で確認しても やはり判断は不可能。

口内の赤い炎症が、すべて『紅板症』とは限りません。

歯科(もしくは耳鼻咽喉科)で診察してもらいましょう。

食事中 同じ舌部分を噛んでしまう場合

口腔粘膜(ほほの内側)を噛むのではなく、うっかり「舌(ベロ)」を噛むこともあります。

「舌」を噛むと痛いですし、出血します。

以前は「舌」をかまなかったのに、最近はよく「舌」をかんでしまう。。。(しかも同じ箇所)

そもそも「舌」がむくんでいるのか?

急いで速く食べすぎ(おっちょこちょい)なのか?

このような「舌の心配事」も、歯科のお医者さんに相談・診察することをお勧めします。

以前、私自身も「舌」をよくかみ、紫色の舌が なかなか治りませんでした。

心配になり歯科を訪れたところ『以前よりも顎が小さくなっているから、前よりも歯が舌に当たりやすく 噛んでしまうのです 』

このような事を言われた記憶があります。

(詳しい理由はあまり覚えておらず すみません)

そこで歯科医師のされた処置方法は、やはりガタガタ尖った歯を削りました。

(ちょうど虫歯だったのもあります)

それ以降、歯が舌に当たることが無くなり「舌」を噛むことはありませんでした。

噛まない工夫(食事は落ち着いてする)や予防も大事ですが、気になる方は 歯科で相談・診察されると 意外と早く解決・解消しますので 参考にしてみてください。

以上「口腔粘膜(頬の内側)の赤い炎症は「歯が当たる擦れ傷」で口内炎の痕のことも」の話を紹介しました。





ー 関連記事 ー
◆喉がずっと痛いのは【慢性上咽頭炎】?~耳鼻咽喉科の治療へ行った~
◆スッキリする「鼻うがい」も効果あり~慢性上咽頭炎の治療~(上咽頭擦過療法に加えてみよう)
◆咳はひどいが喉の痛みナシでも結果は【溶連菌感染症】!夏風邪?と甘く思ったが耳鼻科へ行こう◆
◆「上咽頭炎の治療」を8回終えて~咽頭痛が無くなり風邪をひきにくくなった~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 渋滞中の車内でおこる【隠れ熱中症(脱水)】は水分補給して注意しよ…
  2. スッキリする「鼻うがい」も効果あり~慢性上咽頭炎の治療~(上咽頭…
  3. AUXケーブルで音楽が聴けない!~うっかり操作ミスで解決し音が出…
  4. コープ(生協)【あったかあんかけ玉子とうふ】はまろやか~風邪ひき…
  5. 断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や…
  6. 非常食にもなるお菓子【カルビー・じゃがりこ】と【じゃがビー】でポ…
  7. 家のキッチン用に買った【消火スプレー(直撃消火)】~天ぷら油火災…
  8. 【破傷風の症状】とは?~地震や台風など災害時にも注意すべき感染症…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP