体と食

【靴ずれ対策】や予防方法~災害後「徒歩帰宅」する場合の便利な防災用品も紹介~


スポンサーリンク

なってしまうとヒリヒリ~痛い【靴擦れの対策や防止方法】を記事にしています。

子供も大人でも、ときどきなってしまう【靴ズレ】

新品の靴や慣れない靴(ヒール)を履くとなりがちです。

日常生活だけでなく、地震が発生し「徒歩帰宅」になった場合も【靴ずれ】はできやすいです。

【クツずれ】になったばあいの対処、対策方法や 予防・防止方法を調べてみました。

会社で地震に遭い「徒歩帰宅」すれば・・・

大きな地震の場合、電気や水道が止まることが多いです。

また、電車やバスなど 公共交通機関も遅れがでたり 動かないこともあります。

もし、安全に帰ることが確認できるなら「徒歩帰宅」を開始します。

もちろん、途中でタクシーにも乗れない可能性があります。

自分の足で “ 自力で歩いて家に帰る ” ので、ペットボトルなど飲み物や 懐中電灯、防犯ブザーがあると良いです。

普段の帰り道と違い、大勢の人があふれているので、なかなか進めません。

また 歩いているなか、疲れと共になりやすいのが【靴ずれ】です。

会社勤務中に被災したばあい、おそらくスニーカーなどの運動靴よりも[パンプス]や[革靴]を履いています。

(※すべての方が、パンプスではありません)

ヒールのある[パンプス]では、長時間歩く結果 かかとが擦れて【くつずれ】になります。

長距離の徒歩が分かっている場合、あらかじめ携帯する「絆創膏」を貼っておき予防するのもお勧めです p(^-^)q

(カカトがすれ、ヒリヒリしてきたら 早めに「絆創膏(ばんそうこう)」を貼りましょう)





被災時の靴ずれ!「絆創膏」がないときの処置

ケガの応急処置用で、常に「絆創膏」をバッグに携帯していれば【靴ずれ】が起きたとき 貼れば痛みも和らぎます。

しかし「絆創膏」を所持していないなら、リップクリームやハンドクリームなどをかかとに塗れば 摩擦防止になるので擦れずに楽です。


(歩く前に、あらかじめ上記クリームを塗っておくのも良い)

ところが、そのようなクリーム系も持ってない場合は、ティッシュやハンカチ等で保護します。

(ハンカチの場合、片側の足のみの保護となりますが、痛みの強い足を保護しましょう)

「スニーカーと靴下」をセットで備蓄する

自宅でなく 会社(オフィス)で地震に遭遇、被災した場合のことも想定し、できれば会社のロッカーに「スニーカーと靴下(ソックス)」を備蓄しておくと良いです。

ヒールのあるクツや新品の靴は、どうしても【靴擦れ】しやすい。

ですので、長時間歩ける履き慣れた運動靴、スニーカーを会社にストックしておきましょう p(^-^)q

もちろん、靴下も忘れずに セットで備えてください。

(素足のまま スニーカーをはけば、これまた【靴ズレ】になりやすい。。。)

ところで、運動靴ではなく[かかとが無いサンダル]でも 良いんじゃない?

そう思われるかもしれません。

たしかに、サンダルは脱ぎ捨ても楽ですし、通気性もあり衛生的にも良い感じもします。

しかし、災害避難時(緊急事態)では、普段の状況・環境とは異なります。

道路も、瓦礫や壊れた物があるなどして ケガの元にもなります (+_+)

そういう怪我防止からも、やはり運動靴(スニーカー)のほうが良いでしょう。

また、冬の寒い季節では「防寒対策」ということで 運動靴のほうが優れています。





そもそも「靴ずれ」の症状とは

そもそも「靴ずれ」とは・・・・・・

靴ズレの症状=靴の機械的刺激で生じた 病変の総称。

軽い程度の「靴ずれ」なら かかと部分が赤くなるだけですが、ひどい「靴ずれ」の場合 皮がふくらみ水ぶくれ(水疱)ができてしまいます (+_+)

水ぶくれは、すこしの刺激で破れ 傷になることもあります。

傷になった部分はキレイに洗ってから 消毒剤を塗り 擦れないよう そっとガーゼなど当てましょう。

(軽い靴ズレなら、放っておけば だいたいは治癒すると思いますが (^-^))

最後に、地震や台風などで「徒歩帰宅」する場合、備えておきたい『防災グッズ』の一例を紹介します。

徒歩帰宅のための「防災用品」

自然災害などに遭い、やむなく「徒歩帰宅」するとき、あれば便利(必要)な『防災グッズ』を紹介します。

普段の平時に 職場や学校などへ蓄えておきましょう。

ー徒歩帰宅グッズの例ー

●絆創膏・スニーカー・靴下

●ペットボトルなどの飲料水

●アメやキャラメル、チョコレートなどの簡易食料

●帰宅経路がわかる地図

●懐中電灯・防犯ブザー

●携帯ラジオ(電池も)

●携帯トイレ

●ウェットティッシュ

●ティッシュ

●応急セット(救急医薬品)

●マスク・ビニール袋

●保温シート

●スマホの予備バッテリー、充電器

「徒歩帰宅」のための『防災グッズ』として準備するだけでも、大変ですね。。。

とはいえ、まったく備蓄していないのと 備蓄しているとでは 大きな違い。

災害はいつどこで発生し、被害に巻き込まれるかは 想定できません。

できるところからでも 備えておきましょう。

(※災害時だけでなく「防犯ブザー」を所持することは、犯罪からの不安・恐怖から守ることにも繋がります。

ゼヒ、防犯ブザーも(警笛)も備蓄しましょう)

以上「【靴ずれ対策】や予防方法~災害後「徒歩帰宅」する場合の便利な防災用品も紹介~」の話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー足・脚 関連記事 ー
◆災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミークラス症候群)の症状や予防方法】
◆【足の裏】は副鼻腔や胃など身体の関連部位の反射区がたくさん!
◆発熱保温する【グンゼのルームシューズ】~冬の足元の寒さ対策~
◆ペダル踏み間違いの交通事故防止に~ナンキ工業さんの【STOPペダル】値段や機能紹介~
◆寒い冬にしもやけ・あかぎれや温浴効果!花王「バブ温もり和果 」お風呂に入れ色や香りを楽しむ!~炭酸入浴剤の効果や使い方~
◆【足】に関係する健康話をまとめました☆(ウォーキングやマッサージなど)

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 【ポリ袋(ビニール袋)】を使う「ご飯の炊飯方法」~停電などの災害…
  2. 【熱中症】初期症状は「めまいや吐き気」など~誰にでも起こる【熱中…
  3. 【破傷風の症状】とは?~地震や台風など災害時にも注意すべき感染症…
  4. からだにいい【炭酸水】でご飯を炊いたり卵焼きを作る活用法~【炭酸…
  5. スッキリする「鼻うがい」も効果あり~慢性上咽頭炎の治療~(上咽頭…
  6. いつもの咽頭痛が【慢性上咽頭炎】と知らず自分で対処した頃の話~治…
  7. 運動会の熱中症予防に【ポカリスエット・アイススラリー】は氷を食べ…
  8. 地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP