災害

日本で発見された【深海魚・リュウグウノツカイ】は地震の予兆!?~生態や名前の由来~


スポンサーリンク

【リュウグウノツカイ】という「幻の深海魚」がいます。

知らないかたも多いと思いますが、最近では “ リュウグウノツカイが捕獲!地震の前触れ!? ”というニュースも報じられていました。

●リュウグウノツカイ (標本)

学名:Regalecus russelii

英名:Oarfish, King of Herrings

アカマンボウ目 リュウグウノツカイ科

硬骨魚類に分類

(コチラの記事でも ↓ 【リュウグウノツカイ】が登場します)

深海魚の【リュウグウノツカイ】は、おもに 太平洋・インド洋・大西洋など、世界中の海の外洋に幅広く分布。

さて わたしが面白いなぁと思うのは、なによりも『リュウグウのツカイという名前』

漢字表記したら・・・「竜宮の遣い」となるのでしょうか (・∀・)/

そんな【リュウグウノツカイ】の名前由来や生息地の詳細。

また 最近 日本で発見された【リュウグウノツカイ】の様子など調べてみましたー。





神秘的な【リュウグウノツカイ】

まずは【リュウグウノツカイ】は、どんな姿の深海魚なのか?

Twitterより引用させて頂きましたが「頭部にオレンジ色の鬣(たて髪)」のような長い毛!?が伸びています。

(にわとりのトサカみたいにも見える 笑)

そして、大きさ(サイズ)がスゴイ。

平均的な長さは3mくらいで、全長が11メートルもの【リュウグウノツカイ】の報告もあるらしいです (☆。☆)

日本の和名では【リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)】と呼ぶように “ 浦島太郎の行った竜宮城の遣い(使者) ” という意味合いもありそうですが、実際は不明です。。。

また、そのほか 日本においては “ 人魚伝説 ” もあります (☆。☆)

(『古今著聞集』や『甲子夜話』『六物新誌』等の文献に登場する人魚が【リュウグウノツカイの姿】の特徴と一致するようです!)

日本や世界でも 昔から漂着したり、捕獲されることもあり 有名な深海魚!とまでは言わずとも ほどほどに知られていたのでしょう♪

海中で 鬣(たてがみ)をユラユラ~させ泳いでいる姿は 確かに「神秘的」と思われます☆

そのせいか ヨーロッパでは「ニシンの王 (King of Herrings)」と呼ばれたり・・・

また中国や台湾では【リュウグウノツカイ】=「鶏冠刀魚」や「皇帯魚」と呼ばれることから、普通の魚類には含まれないインパクトの大きい深海魚【リュウグウノツカイ】と言えます。

さて【リュウグウノツカイ】の住む場所や食べ物などの生態は どんなものなのでしょう。

生息地は太平洋・インド洋・大西洋の深海


(絵で描いてみたリュウグウのツカイ★可愛い!?)

【リュウグウノツカイ】の住む場所は 太平洋・インド洋・大西洋の深海で生息しています。

なので、人間が住む海岸で見られる魚ではありません。

生態については【リュウグウノツカイ:ウィキペディア】を引用しますので、ご参考にしてください。

リュウグウノツカイ 分布・生態

リュウグウノツカイは太平洋・インド洋・大西洋など、世界中の海の外洋に幅広く分布する。

海底から離れた中層を漂い、群れを作らずに単独で生活する深海魚である。

本来の生息域は陸から離れた外洋の深海(深さ200~1,000mの間)であり、人前に姿を現すことは滅多にないが、特徴的な姿は図鑑などでよく知られている。

実際に生きて泳いでいる姿を撮影した映像記録は非常に乏しく、生態についてはほとんどわかっていない。

通常は全身をほとんど直立させた状態で静止しており、移動するときには体を斜めに傾け、長い背鰭を波打たせるようにして泳ぐと考えられている。

食性は胃内容物の調査によりプランクトン食性と推測され、オキアミなどの甲殻類を主に捕食している。

本種は5mを超えることもある大型の魚類であり、外洋性のサメ類を除き捕食されることは稀とみられる。

卵は浮性卵で、海中を浮遊しながら発生し、孵化後の仔魚は外洋の海面近くでプランクトンを餌として成長する。

稚魚は成長に従って水深200-1000mほどの、深海の中層へ移動するとみられる。

(リュウグウノツカイ:ウィキペディアより引用)

【リュウグウノツカイ】が食べるものは「オキアミなどの甲殻類」が主とあるので、万が一 海中で遭遇しても 怖い目にあうことはなさそうです☆

(まず 遭遇できないと思いますが。。。σ(^_^;))

スーパーや魚屋さんで見かける「タチウオ(太刀魚)」みたいにキラキラな銀色の外見の【リュウグウノツカイ】。

「タチウオ(太刀魚)」はカンタンに見られるけど・・・やはり泳いでいる姿 観てみたいもの!!

実は【リュウグウノツカイが泳ぐ動画】がYouTubeにありました!

(これは 必見の価値あり~)





泳ぐ【リュウグウノツカイ動画】

【リュウグウノツカイ】が海中で泳いでいる様子。

普通の魚とちがい、スイスイヒラヒラ~と前へ泳ぐ感じではなく“ 立ち泳ぎ ” みたいに見えます (/ ^^)/


(【水晶浜】福井県の海水浴場にリュウグウノツカイが!より)

【リュウグウノツカイ:ウィキペディア】にも・・・通常は全身をほとんど直立させた状態で静止しており、移動するときには体を斜めに傾け、長い背鰭(背ビレ)を波打たせるようにして泳ぐと考えられている。

とあり、ユニークな泳ぎ方にも思えます☆

にしても、そもそも深さ200メートル~1000メートルの深海に生きる【リュウグウノツカイ】、ここ最近は日本のいたる海岸で発見されています。

深海魚などの珍しい魚が捕獲されると「大地震の予兆や前触れ」と聞くこともありますが、真意はわかりません。

2019年水揚げや定置網にかかった【リュウグウノツカイ】

2019年(平成31年)においても、日本 各地域で【リュウグウノツカイ】が見られてます。

●1件目:『2018年12月13日 神奈川・江ノ島の定置網にかかる』

12月13日(2018年)に 神奈川県 江ノ島の定置網にかかった【リュウグウノツカイ】。

【リュウグウノツカイ】の体はすでに切れており体長55センチ。
(切れてなかったら80センチほど)

漁師さんに譲ってもらった個体で、 新江ノ島水族館の搬入時から数時間は生きていたよう。。。

現在は 新江ノ島水族館に「標本」となり公開中で、初の生態搬入とのこと☆


採集場所: 江の島 定置網

●2件目:『2019年1月23日 兵庫県・豊岡市竹野町海岸の定置網にかかる』

1月23日の早朝、豊岡市竹野町の定置網に掛かっていた。

水揚げ時には、すでに死んでいたようだが、漁業関係者が「城崎マリンワールド」へ譲った。

翌1月24日に飼育員たち6人が計測・・・体長4メートル42センチで重さ32キロ。
(頭頂部から伸びたヒレは約80センチ)


(ユーチューブで公開してました)

豊岡市瀬戸の水族館「城崎マリンワールド」では、胃の内容物を調べた後【リュウグウノツカイ】を冷凍標本し 限定公開予定☆

(お近くに住んでいるかたは、ゼヒ見に行ってくださいね!)

●3件目:『2019年1月28日 富山湾・新湊沖の定置網にかかる』

富山県の新湊沖で1月28日(月)【リュウグウノツカイ】が定置網に引っかかった。

【リュウグウノツカイ】は既に死んでいたが、魚津水族館で測ったところ 全長は394,8センチでした。

魚津水族館では、2009年から【リュウグウノツカイ捕獲】を記録しており、今回で20件目。

驚くことに 1月19日(土曜)にも富山湾・新湊沖と滑川市の海岸では1匹ずつ【リュウグウノツカイ】が発見!

水族館スタッフも「これだけの数が見つかるのはあまりないこと。ただ理由は分からない」と話しているそう。。。

魚津水族館では 2019年2月2日(土曜)と3日(日曜)の両日に【リュウグウノツカイ】を展示予定。

草間啓飼育員(35)は「頭部から伸びる赤いひれや 輝く体など 何度見ても美しい。多くの人に見てもらいたい」と話しています (/ ^^)/

●4件目:『2019年1月28日 沖縄県・読谷村(よみたんそん)の大型定置網にかかる』

1月28日(月)沖縄県・読谷村(よみたんそん)の都屋漁港から約2,5キロ沖合に設置した大型定置網に “ 幻の深海魚 ” と呼ばれる【リュウグウノツカイ】が2匹生きたまま水揚げされた。

2匹の大きさ・・・体長4メートルと3,6メートル。

移送先の沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)へ搬送中に死んでしまったが、近く 標本にするという。

定置網にかかった【リュウグウノツカイ】は「細長い銀色の体を揺らしながら泳ぐ姿が とても神秘的できれいだった」と漁師さんは振り返ったそうです。

2018年12月2日にも青森県・平内町茂浦の観音崎近くの海岸でも【リュウグウノツカイ】が発見されていた。

普段は太平洋の深海に生息する魚が、こんなに頻繁に見られると やはり異常気象なのか、地球自体がおかしいのか。。。

などと不安に思ってしまいます。

よく噂では『大地震の前兆』とも言われることがありますが、本当なのか真相は分からないようです。

ともあれ、地震後に珍しい生き物が発見されることもあり、全く関連・関係がない!とは言い切れないと 地震前兆を研究する大阪大学理学研究科の山中千博准教授も話しています。

漁師さんでも滅多に見られない魚が水揚げされると う~ん。。。不思議な気持ちにもなります (。´・ω・)?

何はともあれ、地震は小さくても大きくても恐ろしいもの。

地震が起きてから対策をするのではなく、普段から非常事態時のため「食料や水」「携帯トイレセット」「電池」などの備蓄をしておきましょう。

以上「日本で発見された【深海魚・リュウグウノツカイ】は地震の予兆!?~生態や名前の由来~」 のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー大地震 関連記事 ー
◆地震魚とも呼ばれる深海魚【サケガシラ】~2019年2月にも鳥取県の海岸で発見~
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
◆【地震雲】の信憑性は?【地震雲】を目撃すると本当に大地震が起こるのか?
◆最新の大地震予測「東京・神奈川・静岡東部を含む首都圏と東海」か~【MEGA地震予測】の村井俊治氏が警鐘~
◆地震や台風で突然の災害!家にある新聞やラップで即席に代用する方法
◆大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは~阪神淡路大震災で知られるように~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 昼ご飯を【ミックスナッツ】にした~空腹が紛れ「非常食の一つ」でも…
  2. 燃え広がる火災対策に!【防炎加工カーテン】の防災効果と売っている…
  3. 女性にもおすすめな【ワークマン】~東京や大阪・神奈川など全国展開…
  4. よーく見ると違う【緑色と白色の非常口看板】の2種類の相違~看板背…
  5. 建物の形を知り【地震の揺れの向き】と平行に家具配置を~転倒防止対…
  6. 大阪・泉南での恐怖!台風21号【電柱が何本も倒れた道路】は今~電…
  7. 家の新聞やラップで即席に代用する方法~地震や台風で突然の災害に~…
  8. 台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP