災害

台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した


スポンサーリンク

地震や台風が来て[停電]になってしまった場合、夕方や夜の時間帯と重なれば 真っ暗で大変です。

そんな「いざという時」のばあい、暗くて 怖い思いや 危険のないよう【非常用ライト(電灯)】をヨドバシで1台買ってみました。

値段は そこそこリーズナブルで(¥1,000以下) また “ LED常備灯 ” と書かれた【非常用ライト(電灯)】。

どんな感じで使うか?

“ LED常備灯 ” の意味や、使用方法などを写真と動画をまじえて紹介します。





パナソニック・LED常備灯サイズは20cm弱

ヨドバシ.コムより、宅急便で届いた【Panasonic・LED常備灯 BF-BE01K-W 】


(エボルタ単3乾電池が3本入り!)

サイズも大きいことなく、コンパクト (^-^)

●パナソニック・LED常備灯の大きさ
約幅35mm×奥行き40mm×高さ210mm
(ライト:約φ35mm×高さ195mm)

これなら、子供やご高齢のかたでも持ちやすいですね。

それでは、開封して お部屋の壁に付けてみますー(^-^)ノ

壁に設置した「パナソニック・LED常備灯」

まずは【Panasonic・LED常備灯 BF-BE01K-W 】を開封します。

内容は「電灯本体・エボルタの乾電池3本・壁付け用ホルダーとネジ2本」。


(シンプルな中身です)

今回【Panasonic・LED常備灯 】は1個だけの購入でしたので、設置場所は みんなが分かりやすい “ リビング・ダイニングルーム壁 ” に決めました。

リビングの入口あたりの壁へ付けます。

ネジの穴部分を 計算して穴をすこし開けておいて・・・・

プラスドライバーでネジを閉めて ↓ホルダー設置 完了。


(女性でも手軽に付けられました☆)

それでは、LED常備灯を差し込む前に・・・エボルタの乾電池を入れておかないと。


※ 乾電池を入れる向き(プラス、マイナス)を間違えないよう LED常備灯本体へ入れてくださいね。

乾電池を入れてOK!

ハイ☆こんな感じで【パナソニック・LED常備灯 】をリビング壁に付けました (^-^)

この【パナソニック・LED常備灯 】の面白いところは ホルダーに差し込むと電池が絶縁。

ホルダーから抜けば点灯するという構造☆

ですので、電灯(ライト)には[押しボタン・スイッチ]などは無いです。

ホルダーから外すと・・・点灯~!という仕組みです。

それでは、動画を30秒ほど撮影しましたので よければ参考にご覧ください o(^▽^)o

動画で確認!明るい【パナソニック・LED常備灯 】

壁に設置されてある【パナソニック・LED常備灯 】は暗いまま。

これを外すと・・・照明が付きます☆

光の強さも なかなか強く頼りになりますね。

(光源は高輝度白色LED1個)

●明るさ
照度:約200 lx(1m前方 電池初期時)
光束:約18 lm(参考値)

また、コンパクトで持ちやすさもグッド。

重さは約140g(エボルタ乾電池含む、ホルダー含む)ですから、軽いと感じます。

小さい保育園の子供さんでも バッチリ持って使えます。

付属の乾電池エボルタを使うと、連続約70時間ライトが点灯します。

エボルタ以外の乾電池、たとえば「パナソニックアルカリ乾電池=連続約60時間」。

「パナソニックマンガン乾電池ネオ=連続約30時間」保ちます☆

ところで “ LED常備灯 ” とは、どんなメリットがあり、災害時に役立つのでしょうか?

LEDライトは寿命が長い

【パナソニック・LED常備灯 】のライト部分(豆球)には “ LED ” が使用されています。

●LED(エルイーディー)
LEDは発光ダイオードとも呼ばれる。

「Light=光る」「Emitting=出す」「Diode=ダイオード」を略したもの

この “ LED ” 使用が大きなポイントで 長所です。

つまり、普通の豆球(白熱灯)は 値段が安いのはウレシイが、寿命が短いのが短所。。。

それに比べて LED常備灯(豆球)は、価格が高い短所もありますが、何より「球切れの心配」がない。

そうです!LEDライトは寿命が長いのです。

※40,000時間・約10年もの長寿命といわれる。

いざという非常事態のとき、豆球が切れてしまっては どうしようもないです。。。
(たとえ 乾電池が大丈夫であっても・・・)

その点、LEDなので豆球切れの心配もないため 安心です o(^▽^)o

地震以外のケースでの、突然の停電で暗闇のなか「照明(ライト)」があることはホッと安心します。

ですので、リビング壁はもちろん、停電になっては慌てる[お風呂場・洗面所]の壁へ設置するのもお勧めです。

(入浴中では とても驚くと思います。。。)

あるいは、夜に寝ているときの緊急事態に備え[寝室・ベッド付近の壁]に設置しても安心。

注意したいのは 「防水・防滴性能」はナシです。

あくまでも、室内で停電発生時の一次対応用(連続70時間)という割り切りは必要。

とはいえ、料金も手頃ですし 何より使い勝手がよいので 1台の購入より、数台購入して 家のいろんな箇所に置いても良さそうです。

『パナソニック LED 懐中電灯 常備灯 乾電池付き ホワイト』をチェック。

今回紹介したパンソニック製品には、ほかにも様々な電灯が販売しています。

良ければ参考にしてくださいね。

『電池がどれでもライト』をチェック。

『パナソニック LEDランタン 乾電池付き ホワイト』をチェック。

自分の家に設置するのも必要ですが、実家のご両親にも【パナソニック・LED常備灯 】をプレゼントするのも良い提案ですね
o(^▽^)o 

「備えあれば憂いなし」は、まさにそのとおり。

天災は いつ来るか分からないため 不安な気持ちにはなりますが、だからこそ 自分たちができる限りの準備・備蓄はあらかじめ 備えておきましょう。

以上「台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー地震・非常時対策 関連記事 ー
◆家の中で【地震】が起きたら「机下に避難する」ばかりが正しいとは言えないその理由
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆運動会の熱中症予防に【ポカリスエットのアイススラリー】は氷を食べるより冷却効果が高い
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!
◆地震でなぜ【断水】するのか?その理由~吹田市や高槻では水道管破裂が原因で断水~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大…
  2. 災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミー…
  3. 地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対…
  4. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  5. 断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や…
  6. 台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物…
  7. 初心者でも大丈夫!【コインランドリーの使い方や利用法】~乾燥機や…
  8. 【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP