災害

家の中で【地震】が起きたら「机下に避難する」ばかりが正しいとは言えないその理由


スポンサーリンク

日本における、観測史上最大規模の大地震は 2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分頃に起きた[東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)]。

いわゆる「東日本大震災」と呼ばれる地震で、地震規模は マグニチュード (Mw) 9.0 でした。

(宮城県で 最大震度7が観測された)

地震は朝に起きるか また就寝中に起きるか分かりません。

また、どこで地震にあうのかも 様々です。

(自宅で遭うのか、会社なのか、車の中なのか。。。)

住居内で地震に遭遇したとき まず どうすれば良いのか?しらべてみました。

(※ 地震の大きさや 建物の築年数や形状により 避難方法は変化しますので、ご参考程度にお読みいただけますと有り難いです。)





住居内(家)に滞在中[地震]が発生

自宅にて[地震]が起きた時、まずは “ 机の下などに隠れる ” という避難方法は 昔から教えられている話。

(学校でも避難訓練において 自分の机下に潜りましたよね)

しかし[地震]規模の大小関係なく “ 机の下に避難する ” というのは、正解ばかりでもありません。

(例:震度7の大地震の場合、建物が倒壊したり 天井自体が落下すれば 机は即座に潰れてしまいます。。。)

とはいえ 自宅で地震が起きた時は、まずは『ダイニングテーブルや 勉強机の下に隠れる』のは基本です。

あるいは、ソファのクッションや、和室の座布団、雑誌や本等で頭を守り 落下物によるケガ防止し、振動がおさまるのを待ちましょう。

本棚やタンスなど「転倒防止対策」がしっかり出来ていれば 多少は安心ですが・・・

[地震]が大きい場合「転倒防止対策した家具類」でも[地震の威力]で外れてしまうこともあります。

ですから、できるだけタンス、食器棚、本棚のそばに避難せず 離れましょう。

(転倒しそうな家具類を 倒れないように支えるなどしない!まずは自分の身を守ります!)

住宅の造りにもよりますが、意外と良いのが “ 玄関ホール ” が安全ゾーンとなります。

玄関には、基本 タンスなど大型家具類は設置されてません。

また すぐに外へ出れる避難路を 確保できるメリットも。

(※ 大地震では、玄関ドア丁番が変形し、開かなくなることがあるため、玄関への避難は そんなドアを即座に開けるのも可能です、最近では「対震丁番(たいしんちょうばん、ちょうつがい)」も売ってますので 先に対策するのも良し。)

緊急地震速報が鳴って “ 玄関 ” まで 近距離なら 玄関へ避難するのもおすすめです。

しかし、無理矢理に “ 玄関 ” へ逃げることはしないでください。

パニックしますが ともかくも ケガから自分の身の安全を守りましょう。

キッチンで調理中[地震]が発生したら?

朝食や夕食など、ガスコンロを使用し 料理を作っている際[地震]が起きたなら、まず 落ち着いてガス火を消します。

しかし 最近では「大阪ガス」「東京ガス」の場合、感震器が “ 震度5相当以上・大揺れの地震 ” を感知すると マイコンメーターが 自動的にガスをしゃ断するようです。

(地震が原因でガスが止まると、マイコンメーターの表示ランプが点滅します)

地震がおさまってから、ガス栓(元栓)も閉めるのが良いですが、詳細 は利用するガス会社のHPで確認ください。

ガスを切ったら、早めに台所から離れます。

なぜなら、台所まわりは 冷蔵庫や食器棚の転倒、また シンク上に置いてある大鍋など落下の危険もあるからです。

トイレや浴室にいる時[地震]が起きたら?

昔 木造建築の家屋では、トイレの四方に柱があり「便所にいれば地震は安心」と言われてました。

ところが、最近の建てられる家では、トイレの四方に柱がないことが多いです。

壁に囲まれたトイレの出入り口は、当然「ドアの一箇所」のみ。

大きな[地震]が起きたことにより、ドア丁番が変形すると トイレから出られなくなります。。。

トイレで用を足している際中[大地震]が起きたら、なるべく急いでドアをあけて 避難路の確保をしましょう。

(水洗トイレでは、タンク自体が落ちる危険性もありますので注意します)

お風呂場のばあいも、ユニットバスのことが多いです。

また、風呂場の鏡も[地震の揺れ]で割れて怪我をすることも。。。

入浴中では、衣服を着ていないこともあり かなり動揺しますが 閉じ込められる前に 落ち着いて浴室から出ましょう。

夜寝ているときに[地震]が来たら?

地震の規模によりますが[大地震]のばあい、就寝中 布団から飛び起きて移動は まずできません。。。

落下物に気をつけ 枕を頭にかぶせ防御したり 布団の中にもぐり [大地震]が落ち着くまで ただジッと安全確保です。

その後 地震がおさまっても、停電になっていることがあります。

電気が点かなければ 家の中は 夜で真っ暗・・・全く見えません。

そんな時、パニックで部屋の中を歩きまわれば 飛散した窓ガラスや 落ちた照明、食器類の破片を踏んで 足をケガすることもあります。

ですので 普段から ベッド(布団)のすぐ側に “ スリッパや靴と懐中電灯 ” を常備しておくと良いです。

しかし ほとんどの方は そのような緊急対策はしてないもの。

履くものが無ければ、枕元にあるスマートフォン(携帯電話)の明かりを光らせて、足元や周辺を確認します。

そのような事から、普段 平時より「懐中電灯やライトの光」で部屋の中を歩けるよう 慣れておきましょう。

自宅が海や山に近い、あるいは火事の恐れがあるときは 外へ避難する準備をします。

(※ 海に近い家では津波の危険があり、山では山崩れや崖崩れの危険性、また 建物が密集している地域では火災が起きやすいため)

このとき、渋滞したり、多くの緊急車両が通るので 原則 自家用車での避難はやめましょう。

[地震]がある程度 小さくても 夜では周囲が見渡せませんから、更に不安度は高まります。

とにかく落ち着き、暗い家の中を あちこち歩き回らないこと。

(※ 歩く時は、必ずスリッパ等 履物をはいて歩きましょう!)

[大地震]は、昼間来るか 深夜に来るのか 予想できませんが、24時間のうち 半分の時間は「夜」だと分かりますよね。

ですので、夕方~夜中、夜明け前に[大地震]が起こる可能性もある!と頭にいれ[日頃の地震への備え]をしておくのが一番です。

外へ避難するなら『ブレーカー』を落とすこと

家に居るのが危険で、外へ避難する場合 必ず『ブレーカー』を落とします。

これは “ 通電火災 ” を防止するためです。

●通電火災とは
通電火災とは、大地震により電気がとまり その後 復旧したとき 通電が再開される時に起きる火災・火事のこと。

阪神淡路大震災の起きた神戸市では “ 通電火災 ” による建物火災が33件ありました。

(157件の火災のうち、火災の6割が通電火災でした)

※ 火元となって起こる電気製品には[電気ストーブ、壊れた電気コード][観賞魚用ヒーター][オーブントースター][白熱スタンド]など、様々なもの。

避難するため、住宅を離れるさいは、必ず『ブレーカー』を切って出ましょう!

首都直下地震の想定では、おおよそ半数の世帯で停電が発生するようです。

『ブレーカー』を落とさず避難したら・・・想像すれば恐ろしいですよね。。。

最近では、震度5以上の際『ブレーカー』を落すのをウッカリ忘れてしまわないよう「家庭用電源遮断器」も手頃な値段で販売しています★

『エヌ・アイ・ピー 家庭用電源遮断器 スイッチ断ボールIII』をチェック。

『ブレーカー自動遮断装置 スイッチ断ボール』をチェック。

[大地震]が発生したときは、気持ちに余裕などありません。

なにもない平常時に『家のブレーカー』に設置しておくのもオススメです。

いつ[地震]が起こるのか、人間は予想できません。

[地震]は怖い自然災害の一つですが、怖がってばかりもいられません。

常日頃より 水の備蓄や防災用品を 用意しておきましょう。

自宅内(家)で[地震]を被災したばあい、今回のお話が 少しでもお役に立てば嬉しいです。

以上「家の中で【地震】が起きたら「机下に避難する」ばかりが正しいとは言えないその理由」を のお話を紹介しました。





ー地震・震災対策 関連記事 ー
◆地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対策しよう
◆【オーブンレンジ台やスチールラック】の転倒防止~「アイプレートと結束バンド」で固定し落下を防ごう~
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆地震でなぜ【断水】するのか?その理由~吹田市や高槻では水道管破裂が原因で断水~
◆地震などの「防災・非常用」として【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 長期保存が可能で災害時に役立つ!液体ハミガキ【長期保存用ガム・デ…
  2. 豊臣秀吉の時代に遭った【2つの大地震】~豊臣政権を失墜した理由の…
  3. 停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方…
  4. 燃えにくい性能を持つ【防炎製品】には布団などの寝具類やエプロンが…
  5. 泉佐野市や泉南市など「火事・火災等の発生場所」が電話・自動音声で…
  6. 【パナソニックの手回し充電ラジオ】を購入~おすすめ点やLEDライ…
  7. 家のキッチン用に買った【消火スプレー(直撃消火)】~天ぷら油火災…
  8. 楽天カード会社から【第三者による不正利用の可能性】との連絡による…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP