体と食

いつもの咽頭痛が【慢性上咽頭炎】と知らず自分で対処した頃の話~治療から半年で「痛み」はほとんどないです


スポンサーリンク

耳鼻咽喉科で【慢性上咽頭炎】と診断後 治療に通いつづけ 半年近くに。

現在は ノドの痛みが全くなく 過ごしてますが、自分自身 苦しんだ「以前のノド痛 症状」や 治療を半年 経て・・・記事を書きました。

今年1月に【慢性上咽頭炎(まんせいじょういんとうえん)】と 耳鼻咽喉科で診察し判明。

じつは 以前より「喉の痛み」から始まって・・・→ 倦怠感や寒気、微熱、頭痛なども起こる症状に悩まされていました (+_+)

(風邪症状が出ると、体がえらくて やはり仕事や家事に支障が出ますもん。。。)

我慢できず 近所の耳鼻科や内科へ行くと “ のどが赤い、カゼですね ” と ほぼ言われ 症状がひどい時は 抗生物質も処方されました。

誰でも、ストレスが多かったり 多忙で疲れていたり、睡眠不足などあれば 体の不調をきたします。

わたし自身も “ 疲れがたまっていたんだなぁ ” とか “ 寝不足が続いていたからかなぁ ” とか、いろいろ理由をつけては「喉の痛み(風邪)」に納得していました。

とはいえ 10年以上もこの調子は『喉がもともと弱いから。免疫力が下がっているから』・・・そんな理由ばかりなの??

いえいえ、もともと『喉が弱い』なんてことは無かった。

う~ん、、、ナゼだろうか(。´・ω・)?

と疑問に感じて、ネットで調べ【慢性上咽頭炎】という病気があること。

そして「上咽頭擦過療法(じょういんとうさっかりょうほう)」で治療すれば 治っていくことを ↓本で知りました。

最初は “ 回復したら嬉しいけど無理かなぁ ” と 私 あまり期待してませんでした。

ところが 治療から 約6ヶ月となり「喉の痛み」は、ほとんど起きていません。

わたしが「喉の痛み(かぜ)」と共に生きてきてから、こんなに「痛みの出ない毎日」が続いたのは、いやはや初めてですなぁ~★

もちろん、世の中のすべてのかたが、この病気【慢性上咽頭炎】であるとは言いきれません。

しかし、私のように「ノドの痛み(喉かぜ)やヒリヒリ感」が慢性的にあるなら、参考にしていただければウレシイです。

私自身の具体的な「以前の喉風邪 症状」や【慢性上咽頭炎の治療 半年経過】について より深掘りして紹介します p(^-^)q





繰り返す「喉のヒリヒリ感と痛み」


くぽ丸さんによる写真ACから)

まずは 私自身の具体的な「以前の喉かぜや痛みの症状」を書きます。

が、その前に 喉が不調になっていく経過の様子も書いておきます。

実は 結婚するまで、かなりの健康体で インフルエンザにもかかったことなく、その他の疾病もかかることなく元気で生活していました。

ところが、子供が生まれ 毎日が育児生活。。。

私にとって「授乳・オムツ交換による 夜の寝不足」が いちばんツラかったです。

寝不足なうえ、運動不足、バランス良い食事なんて全くできず ただただ育児に必死の日々。

ストレスも伴う そんな状態がつづけば やはり体をこわします。

特に「寝不足」のせいで 風邪を引きやすい体質になっていきました。

(幼児期は風邪をひきやすく さらに自分も「我が子のカゼ」をもらう。。。(T_T)

治癒するのに一番良い方法は「寝ること・十分な睡眠」とわかるのですが、しっかり寝れませんよね~。。)

わたしの場合、最初に[寒気、だるさ]と[飲み込むとノドが痛い]という症状が来ました。

こんなときは、ぐっすり寝れたら 翌日は 多少治るかもしれません。

しかし、先程 書いたように 子育て中で寝れず、結局 症状は治らず ますます「のど風邪」はひどくなり、とうとう熱(38度ほど)が出て 家事・育児がまわらなくなり病院へ。。。

(扁桃腺がはれていると よく言われました・・・)

今でこそ、子供が中学生と成長したので 気にせず病院へ行けます。

しかし、子供が小学生にあがるまでは スムーズに医療機関へも行けないもの。

ですから、こどもが小さいときは、本当に大変でした。

さて、私はほかにも[ノドのひりひり感]や[倦怠感][頭痛]もありました。

[ノドのひりひり感]は、ここ2,3年では ほぼ毎日となっていたと感じます。

おそらく『口呼吸』で寝てるからだなぁ~とか 理由をつけてました σ(^_^;)

とはいえ、毎日[喉がひりひり]するのは、プチストレス。

なぜなら[喉のヒリヒリ]が進行すると[寒気、だるさ][飲み込むとノドが痛い]と症状が重なり出てきて、本格的なカゼへと移行するのが分かるからです。。。

さらに[喉のピリピリ・ひりひり]は、夜になるとひどくなり 痛くて眠れず睡眠不足でした。

このような症状が 頻繁にあらわれ ヒドイ時は近所の耳鼻科へ診察に行っていたのです。

喉の痛みの予防や効果法を色々試した

頻繁に起こる 喉の痛み改善のため、テレビ・ネット情報から いろいろな療法を試しましたが、なかなか良くなることはなかったです。。。

(※ 私個人の結果ですから、皆さまに対しては 効果ナシではありません)

では具体的に どんな改善法を試して「のどの痛み」を 私は解消しようとしたのか?紹介します。

帰宅後の手洗いと「うがい(うがい薬)」


つばきさんによる写真ACから)

わたしが「のど風邪」に罹患しないよう 当然 おこなうことが[手洗いとうがい]でした。

世間では 冬のインフルエンザの流行前や流行中には[手洗い・うがい]が頻繁に勧められています。

私は 冬シーズンだけでなく どの季節でも[手洗いうがい]は、必ず 外から帰宅後 行なっていました。

たとえ在宅中でも、すこし喉にイガイガ感がでたり 違和感あれば[うがい]をすぐ行なうという徹底ぶり Σ\( ̄ー ̄)

が、[手洗い・うがい]をおこなえば「のどの痛み」がまったく改善・治癒した!とはならなかったです。

そりゃあ、喉の炎症を起こしてからでは遅く[うがい]は 意味ないよね。。。

と思われますが、喉にイガイガ感があるときなら まだ間に合いそうなので[うがい]ガンバルのですよ~!

まぁ まれに、治ることもありましたが だいたいは時間が経過すると「のどの痛み」が進行していきました。

ヒリヒリしたら「のど飴」をなめる


toraemonさんによる写真ACから)

買い物などで外出したばあい、必ず「のど飴」は携帯し いつも食べれるようスタンバイ。

家にいても[喉がひりひり・チクチク]しますが、お店や外でも[喉はひりひり]します。

ひりひりが来たら・・・酷くならないうちに、即効「のど飴」をなめます。

スーパーやコンビニで「のど飴」は気軽に買えますし、様々なメーカーから販売。

自分好みの味で選ぶなら 爽やか系統のアメが好きですが、やはり効果はあるのか、ないのか?不明。


(カリンは喉に良いと言います)

とりあえず「のど飴」をなめている最中は、喉がうるおい ヒリヒリも楽。

なめているうちに[喉のひりひり]が このまま治り消えてほしい~と思いますが「のど飴」を なめ終わると 再びヒリヒリ感じます。。。

それでも、なんとか治りたい!と思い、最終的に選んだ「のど飴」は『龍角散のど飴』でした。

『龍角散のど飴』は、名前のとおり 有名な株式会社・龍角散から売られる「のど飴」。

値段も他のアメより そこそこにするし『龍角散のど飴』にすがって 買いました。

初めて購入後、喉がイガイガした際『龍角散のど飴』をすぐになめたところ、実は治ったのです (*゚▽゚ノノ゙

ようやく痛みが治る「のどあめ」を見つけれたー!

と喜んだのですが、ナゼか 3回目ほどから 効果がわからなくなってきました。

喉のイガイガ、すこしヒリヒリあたりなら、まだ改善効果はありそうです。

しかし「飲み込むと痛い」ほど咽頭痛が出れば「のど飴」だけで治癒は難しいのでしょう。





「ネルネルテープやマスク」をつけて寝る

“ 口呼吸 ” は、寝ているあいだ 部屋の空気が取りこまれるので 口内や気道が乾き「喉の痛みや炎症」が でやすいようです。

そして 私自身 おそらく“ 口呼吸 ” だと思います。

なので『ネルネルテープ(口閉じテープ)』を買って、夜に使用したこともあります。

『ネルネルテープ』を貼って就寝すると、確かに「喉の乾燥」がない効き目はありました。

しかし “ 口呼吸 ” のため息苦しく いつの間にか 自分ではがしてしまってます。。。

何度行なっても、起きたら剥がれているので 私には『ネルネルテープ(口閉じテープ)』方法はダメだと諦めました。

(※ 就寝中や起床時にテープが付いたままなら 口内乾燥を防止しているので良いです)

『ネルネルテープ』をはがしちゃうなら『マスク』ではどうか?とつけて寝ることもありました。

しかし『マスク』の場合、苦しさというより ズレることが多かったです。

(どれだけ、寝相が悪いのか!?笑)

また『ネルネルテープ』よりも『マスク』は効果がうすく 同居する家族も「マスクして寝るなんて面白いね~」と不思議がられ・・・やめました。

私個人では『ネルネルテープとマスク』は うまく活用できませんでした。

しかし、堀田先生の本のなかでは『ネルネルテープ(口テープ)』をして寝ること は勧められています

【慢性上咽頭炎】の炎症部分「上咽頭」は“ 口呼吸 ” に弱い。

ですから “ 風邪の引きはじめ ” には『ネルネルテープ(口テープ)』を付け、早く寝床に入ると 翌朝には症状が軽減していることもある、と書いてあります☆

翌朝までも『ネルネルテープ』が口についているなら オススメでしょう。

自家製「はちみつ大根」を作った

咳やノドに良いといわれる「はちみつ大根」。

作り方やレシピは、ネット検索すれば多くでるので 自分で作り 瓶へ保存していた記憶があります。

飲んでまずいことはないのですが、自分にとって[咳やノドへの効果]があったか?といえば、あまり覚えていません。。。σ(^_^)

継続して飲むものかも 不明ですが、咳や咽頭痛が和らいだ感は あまり無かったです。

しかし、人によっては「はちみつ大根」が合い 症状が緩和することもありますので、試してみてください。

ほかにも、日頃から「冷たい飲み物」をとらないようにしたり、睡眠不足にならないよう 早く寝るよう努めたり、生活リズムを乱さないようにもしていました。

(いろいろ試したが、年数が経ちすぎて 忘れてしまったこともあります 笑)

しかし「喉のひりひりや痛み」は、慢性的につづきました。

自分の「喉のひりひり、痛み」の症状は このままずっと持ち続け暮らしていくのだなぁと 諦めも半分ありました。

(ヒドイ痛みになったら、耳鼻科へ行けばよいもんね~!と。。。)

それでも、やはり 最後まであきらめきれず ときどきネットで調べていると、堀田先生の気になる書籍をみつけたのです。

慢性上咽頭炎の治療~半年近く経過し思うこと

結論を書きますと、現在、半年近くも耳鼻咽喉科へ通院している事から・・・私自身 【慢性上咽頭炎】の治療効果があった、又は ある と思います。

耳鼻いんこう科への 通院頻度は10日に1回 月に3回くらいですが、決まりはありません。

(※【慢性上咽頭炎】と診断後 最初は1週間に一度は 治療(上咽頭擦過療法)をうけるのがお勧めです)

この通院回数を面倒と思い「ノドの痛み(喉かぜ)」を感じながらも 我慢して生活するかは 人それぞれの考えですが、私は 治っていくのが嬉しく 通院しています p(^-^)q

耳鼻咽喉科での治療(上咽頭擦過療法)は、上の喉奥に 塩化亜鉛溶液を付けた綿棒をいれ グリグリ~とこすりつけます。

もちろん、のど奥なので、治療の最中は・・・綿棒のせいで嗚咽しますし、その後 ヒリヒリ~と痛いですが、上咽頭擦過療法の効果は抜群です。

お医者さんも それを理解しているため「もうちょっと! がんばって」と声をかけられます。

また 治療後は「しんどかったね~」と看護師さんもいわれます(笑)。

(気になる診察代金ですが 薬の処方がとくに無く 治療だけなので 千円以下.)

初めての治療後は、帰宅してからも 喉奥がピリピリし 数日 出血もあり、プチビビりました。

しかし、その状態が出ることも 堀田先生の本文に記載あったので、めちゃくちゃ不安にはならずにすみました o(^^o)

通いはじめは、週に一度と回数がおおく 無理かなぁと迷いますが、だんだん「ノドの痛み」を感じず過ごす毎日がつづくと、通うのがたのしみになります。

注意したいのは「上咽頭擦過療法」は、どこの耳鼻咽喉科もしてくれる治療方法ではないこと。

【慢性上咽頭炎】診療に 実績をもつ医師を見つけねばなりません。

そこで 本には「上咽頭擦過療法を行なう耳鼻科」が掲載されています。

私は 自分家から車で30分弱で行ける「慢性上咽頭炎 治療可能な耳鼻科」が あったため通院することになり、現在も通っています。

いつも原因不明の体調不良があると、誰でも心配になります。

不調のすべてが、この【慢性上咽頭炎(まんせいじょういんとうえん)】とは限りません。

ですが、何度も耳鼻科や内科へ行っても なかなか治らない「喉のイガイガやピリピリ、痛み」があれば、一度 堀田先生の書籍を読んでみるのもいかがでしょうか☆

以上「いつもの咽頭痛が【慢性上咽頭炎】と知らず自分で対処した頃の話~治療から半年では「痛み」はほとんどないです」のお話を紹介しました。





ー耳鼻科・喉風邪 関連記事 ー
◆喉がずっと痛いのは【慢性上咽頭炎】?~耳鼻咽喉科の治療へ行った~
◆スッキリする「鼻うがい」も効果あり~慢性上咽頭炎の治療~(上咽頭擦過療法に加えてみよう)
◆「上咽頭炎の治療」を8回終えて~咽頭痛が無くなり風邪をひきにくくなった~
◆喉風邪にもオススメな【ゆず茶】~柚子のビタミンCはレモンの3倍!ハチミツ入れておいしく飲もう~
◆咳はひどいが喉の痛みナシでも結果は【溶連菌感染症】!夏風邪?と甘く思ったが耳鼻科へ行こう

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 【ヤクルト400LT】をネット宅配〜飲みはじめ1ヶ月経過の効果は…
  2. 【段ボールベッドの断熱効果】~避難所の床でそのまま寝るより「断音…
  3. 【ニトリのNクール・ルームパンツレビュー】冷んやり さらさらでオ…
  4. からだにいい【炭酸水】でご飯を炊いたり卵焼きを作る活用法~【炭酸…
  5. 【靴ずれ対策】や予防方法~災害後「徒歩帰宅」する場合の便利な防災…
  6. 口腔粘膜(頬の内側)の赤い炎症は「歯が当たる擦れ傷」で口内炎の痕…
  7. 発熱保温する【グンゼのルームシューズ】~冬の足元の寒さ対策~
  8. 運動会の熱中症予防に【ポカリスエット・アイススラリー】は氷を食べ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP