緊急事態

停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方法


スポンサーリンク

地震・台風などの災害で電気がとまり「停電」してしまった場合、、、

部屋の照明は もちろん真っ暗。

冷蔵庫、テレビ、コタツ、固定電話、スマホ充電、パソコン(インターネット)、洗濯機など 即座に使えなくなります。

部屋の温度を快適にする 夏であればエアコン・クーラーや扇風機。

また 冬なら ガスファンヒーターやシーズヒーター、電気ストーブなど 空調設備も利用不可能となります。

(床暖房も使えません)

ライフラインが途絶える緊急事態は 誰でも避けたいところ。

しかし、万が一「冬の季節に停電」し、なかなか復旧しないとき。。。

どんな【防寒対策】【暖める方法】があるのか?調べてみました。





まずは家にあるもので【防寒対策】

真冬に停電した場合、一番 困る、ツライことは “ 寒さ ” でしょう。

現代 私たちは、ほぼ当たり前に 空調設備が整った環境にいます。

「停電」となった場合、まず 部屋の暖房器具類が止まります (+_+)

エアコンだけでなく、電気エネルギーで暖かくなるオイルヒーター、石油ファンヒーターなどを使用する家庭もアウトで、たちまち屋内も冷えてくるでしょう。

昼間の時間帯ならまだしも、夕方~夜間に「停電」となった場合・・・

部屋の中は暗くなり、気温は下がっていくし。。。また寒ければ 体温もさがり 風邪/インフルエンザの病気にもかかりやすくなるため、小さな子供さんや高齢者には注意が必要です。

しかし 電気不要な暖房器具『石油ストーブ』を利用している家庭では「停電時」に役立ちます。

『石油ストーブ』は、灯油を入れて使う暖房器具で、電源が要りませんし、また かなり暖かい★

(とはいえ、普段の利用では 火災・火事にも注意する必要があり、灯油を購入する手間もあります。。。)

さて『石油ストーブ』がないお宅の場合、家庭にあるもので【防寒対策】の必要があります。

まずはとにかく 部屋の家具・クローゼットにある・・・ダウンコートやジャンパー(作業防寒ジャンパーでも良い)など、外出時に着用する衣服や小物を身につけることです。

●家にある衣服等を重ね着する

・ダウンジャケットやダウンコート

・モッズコートやチェスターコート

・ダッフルコートやウインドブレーカー

・毛布(ブランケット)をかぶる

・ブルゾンや学生服ベスト

・カーディガン

・手袋やマフラー(タオルを巻いてもすこし温かい)

・ネックウォーマー

・マスク

・ニット帽子

・モコモコ靴下

・ルームシューズ

・靴下を二重にはく

・使い捨てカイロ(貼るカイロや貼れないカイロ)

寒い時 決まりごとはない!暖かく保温する

人生において 数分の「停電」なら、時々 経験することもあるでしょう。

しかし、数日も続く「停電」は、なかなか体験しないもの。

そんな「何日間もの停電」に遭うと、日頃の平凡な生活が どれほど有り難いかと身にしみます。

「停電」による、暖房家電類が使用不可能となった場合 “ モコモコ靴下は 毛玉ついてて恥ずかしい ” などと言っている場合ではありません。

また “ これは作業用ジャンパーだから、普段には着ない ” そのような決まりはありません。

体を温めるのに、とりあえず 作業ジャンパーしか無いのなら 着用しましょう。

上記 話の続きですが 部屋の中だから、、、という理由で “ ニット帽子なんてかぶらない ” “ 手袋なんてしない ” というのも関係ありません。

普段と異なり 冷え込みが強くなった住居内では、帽子やマフラー、手袋をはめるのも 保温としてお勧めです (^-^)

平穏な日常では 家の中で手袋やマフラーはしないです。

しかし、格好が見た目的に 多少おかしくても、やはり非常事態でも 体(健康)が第一。

体を冷やさないよう 着れるもの、羽織れるものは着用しましょう。

もしものときに備え、普段から[暖かいルームシューズ]をもっていると、緊急時にも重宝します。

ところで「停電」のとき、家庭にカセットコンロがあれば すこしでも暖がとれますし、温かい物が食べれますので便利です。

「備蓄」にカセットコンロとカセットガス☆

IHクッキングヒーターで調理する家庭では「停電」になれば使用不可となります。

(電子レンジも・・・使えません)

そんなとき 家に『カセットコンロとカセットガス』が備蓄されていると安心です。

『カセットコンロとガス』があれば、鍋にお湯を沸かすことができます。

(カセットコンロ用ガスボンベは1本で約60分使用できる!)

お風呂に入れるほどの湯をわかすのは 困難ですが、熱い飲み物や食料を食べられます。

●災害時『カセットコンロ』があればできること

・冷蔵庫の食材を炒めたり、ボイルできる

・家に備蓄する「インスタントコーヒー」「ココア」など作れる。

・粉状のコーンスープ、インスタント味噌汁など飲める

・カップ麺が作れる

・スープ類が無くても、水をわかして「白湯(さゆ)」も飲める

・温かい湯で 洗顔ができる

・「湯たんぽ」が役立つ(ペットボトルにお湯を入れても即席湯たんぽになる)

・水とナベがあれば「ご飯」が炊ける

『カセットコンロとガス』があれば、真冬のさむいなかでも 温かい食料を口にでき 気持ちはホッとします (^-^)

(温かいものを食べると、元気になりますし、力もわいてきますよね!)

『カセットコンロ』は、3000円ほどで 価格的に高価すぎることもないので、普段の何もないうちに 備蓄しておくのをおすすめします。

『カセットコンロとガスボンベ』は、ネットでも買えますが スーパーやコメリなどのホームセンターにも販売していますので、共に備蓄しておきましょう。

(カセットガスボンベ:製造から約7年以内を目安に使い切ってね)





平時に「備蓄」しておくと良いもの!


大地震や台風などの自然災害による「停電」は、起こってほしくないと 誰もが思います。

そして、人間というものは 特に「大地震」のばあい、明日は起こらないだろう。

明後日も起こらないだろう。。。という 妙な安心感をもっています。

しかし、実際「大地震」はいつ来るのかわかりません。

起きてから災害対策を行なうのではなく、やはり平時のうちに「備え」はしておくべきです。

「停電」が起きてから対処するのでなく、起きる前から用意しておける【防寒対策】に便利なグッズを紹介します。

●停電時【防寒対策】になる 普段からの準備

・部屋のカーテンを[厚手・遮熱の生地]をつけておく。

・部屋のカーペット下やマット下にアルミシートを敷く。

・ニトリ・冬の人気商品「Nウォーム」製品を使用する

・普通のネックォーマーよりダウンネックォーマー

・ウォーマースカートもあると便利です

・ヒートテックのタイツ、スパッツ、インナーを着ておく(発熱系の下着)

・カイロを常時 ストックしておく

この[ダウンネックウォーマー]は、本体中材:ダウン50%・その他の羽毛50%を使用。
(その他の羽毛にはダウンファイバーなどを使用)

普通のネックォーマーよりも暖かいというわけです。

また、倉庫などに[カイロ]を常備しておくのもオススメです (^-^)

冷える腰や背中などに貼る[カイロ]ですが、じつは 首元や脇下、脚の付け根あたりに貼るのも 体温が上がるそう☆

(太いリンパが流れている箇所なので)

さて「石油ストーブ」のほかにも 電気エネルギー不要の暖房器具がありました。

電気不要の「カセットボンベ式ヒーター」

先ほど紹介した『石油ストーブ』のほかに「停電」しても安心な電気不要の暖房器具があります。

それが[カセットボンベ式ストーブ(ヒーター)]。

カセットコンロで使う『ガスボンベ』を使用するヒーターです。

暖房器具にもなるし、コンロとして調理も可能。

(加熱部の角度を変えられる)

また、ガスカートリッジ式で火が出ないので安全☆

幅も30センチほどの大きさ、2キロの重さで コンパクト。

「停電」でエアコンなど暖房が動かずとも『カセットガス』さえ有れば[カセットボンベ式ヒーター]は使用できるので、災害時は役立つと思います。

部屋全体を暖めることはできないが、無いのと有るのとでは・・・有れば そりゃウレシイ。

さて、最後に 暖房はすべて「電気で動く家電」で、上記の「備蓄」ほとんどない。。。

そんな場合、寒さから体を守る、防寒対策に活躍できる 日用品(グッズ)も紹介したいと思います。

大きなゴミ袋が「防寒着」になる

大きな45lゴミ袋とハサミがあれば 寒さをしのぐ「即席の防寒着」になります。

作り方は カンタン。

1.ゴミ袋の底部分を 頭が通るサイズにハサミで切ります。

2.左右の両腕が袋から出るため ゴミ袋のサイド(横側)を切って、頭からかぶれば出来上がりです。

見た目は悪いですが Tシャツみたいに着やすく、ビニール袋なので 風もとおさず暖か。

また「新聞紙」と「ビニール袋」をコラボさせれば「防寒グッズ」ができあがります。

以下は 警視庁警備部災害対策課のTwitterから引用。

大きめのビニール袋(ゴミ袋)に、クシャクシャと丸めた新聞紙を入れていきます。

(きつく丸めず、軽く丸めます)

そのビニール袋のなかに 足をいれたら暖かいそう☆

コツとしては、袋の口は できるだけ閉じがちにします。

というのは、中の熱気が逃げていかないようにするため。

ほかにも・・・不要なダンボール箱があれば、解体し 床とカーペットの間にはさんで敷くと暖かいです。

ナゼ ダンボールは暖かいのか?という理由は「断熱効果」があるから。

ダンボールを ハサミで切ると 3重構造になっているのがわかります。

空気の層が 熱を遮断して逃さないため 暖かいのです。

今回は 冬の時期「停電」になってしまった場合の【防寒・寒さ対策】を紹介ましたが、意外と身近な新聞などでも【防寒・寒さ対策】が可能で便利とわかりました☆

とはいえ やはり災害により 電気やガス、水道などライフラインが途絶える前に「防災・防寒対策」を できるだけしておきましょう。

以上「停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方法」 のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー家電・スマホ 関連記事 ー
◆急に冷蔵庫が冷えなくなり故障~修理できず急いで購入した【東芝のベジータ】庫内も明るくて素敵~
◆画面が割れたASUS【ZenFone4(ゼンフォン4)】~修理した内容や金額など~
◆シーズヒーターレビュー!エアコンだけは寒いので【シーズヒーター】を買った~暖かさが倍増しました~
◆急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯のように手がふさがらないのでお勧め~
◆台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物(非常食以外)】~電気が使えない時便利なグッズ~
◆台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 日本で見る【用水路】は実は危険~溺死や死亡事故が多い理由とは~
  2. 平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や…
  3. 【熱中症】初期症状は「めまいや吐き気」など~誰にでも起こる【熱中…
  4. 燃え広がる火災対策に!【防炎加工カーテン】の防災効果と売っている…
  5. 「上咽頭炎の治療」を8回終えて~咽頭痛が無くなり風邪をひきにくく…
  6. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  7. 喉がずっと痛いのは【慢性上咽頭炎】?~耳鼻咽喉科の治療へ行った~…
  8. 非常食にもなるお菓子【カルビー・じゃがりこ】と【じゃがビー】でポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP