体と食

【冬の脱水症状】に気をつけよう~インフルエンザや胃腸炎の感染で起こるリスクあります~


スポンサーリンク

【脱水症状】と聞くと、一般的には 暑い真夏に起こりがちな体の症状と考えます。

しかし実は「冬の季節」でも起きる症状です。

特に、冬場に流行する[インフルエンザ]に感染すると【脱水症状】にも注意しなければいけません。

実際 我が家の子供も 以前 風邪を引いたのが長引き どうもしんどい、だるい と訴え・・・

小児科で再び診察してもらうと【脱水症状】があり 点滴をしてもらった体験があります。

なぜ【脱水症状】と、わからなかったのか理由は 子供の話す症状から ピンと思いつかなかった。。。(+_+)

また 水分は 十分気をつけて飲ませていると思っていたからです。

大人でも うっかり気づかずになることもある【脱水症状】。

特に【冬の脱水症状】について 調べてみました。





【脱水症状】とは 体の水分がへること

人間の体は「水分(体液)」を多く含んでいます。

たとえば、大人の男性であれば「体重60%の体液」とよぶ水分でできています。

(新生児の赤ちゃんでは80%です)

このからだの水分(体液)が、減ると【脱水症状】になります。

驚くことに 体の水分が たった2%少なくなるだけでも “ 喉がかわいたなぁ~ ” と感じます。

この “ 喉がかわいた ” という症状は すでに【脱水症状】の一つともなります。

すこし詳しく見ていきましょう。

水分が5%失われると「頭痛」も

スポーツやクラブ活動の最中には、当然 発汗・汗をかくため「身体の水分(体液)」を失います。

2%の水分の減りでは“ 喉のかわきやめまい、、吐き気、ぼんやりする、重苦しい、血液濃縮、尿量減少、血液濃度上昇 ” が現れます。

3%の水分の減りでは・・・“ 強いのどの渇きと食欲不振 ” や、汗が出なくなるや頭がぼーっとしたりします。

4%水分の減りでは・・・“全身脱力感、動きの鈍り、皮膚の紅潮化、いらいら、疲労および嗜眠、感情鈍麻、吐き気、感情の不安定(精神不安定)、無関心”

水分が5~6%減ると・・・“ 手足のふるえや頭が痛いと感じる ” 、ほかにも 熱っぽくなります。

【脱水症状】で よく耳にする「けいれん」ですが、体の水分を10%失うと現れます。。。

(20%の水分がなくなると 生命の危険、最悪は死にいたります)

数字を見れば ほんの数パーセントの水分と侮りがちですが[水分補給]はとても大切なこととわかります。

さて、夏では運動をせずも汗が出るので【脱水症状】防止のため こまめにお茶やミネラルウォーターを飲むのは分かります。

しかし、汗があまり出ないと思う「冬の季節」でも【脱水症状】に気をつけるとは・・・本題にはいっていきましょう。

空気が乾燥する「冬の気候」

夏 猛暑の日本では、特に最近「熱中症予防・防止」という言葉が一般的になりました。

テレビのニュースや天気予報でも「日中は暑いので こまめな水分補給に努めてください」とまず言われます。

そのため、真夏ではペットボトル飲料や水筒にお茶を入れ 持ち歩き【熱中症や脱水症状】に気をつけます。

ところが、冬場において 自動販売機で熱い缶コーヒーや紅茶などは買っても・・・

それは 体を温める為の飲み物であって【脱水症状】の予防では まず買いませんし、飲みません。

では、ナゼ【冬の脱水症状】に 気をつけないといけないのでしょうか。

それは、夏と違い 冬の気候は 空気が乾きがちなことと関連します。

(↓ 住宅火災も多いです)

外も空気は乾燥しがちですが、住んでいる部屋内も[暖房器具(エアコンやストーブ・ファンヒーター)]を使い、空気が乾いています。

実は人間は 知らず知らずに 呼吸によっても「体の水分」を失います。

また、皮膚からも「体の水分」は失われています。

(皮膚が乾燥すると かゆみや痛みが出ますよね)

発汗以外の水分を失うことを「不感蒸泄(フカンジョウセツ)」と言うのですが、冬場の乾いたお部屋では「不感蒸泄」が多くなるのです。

(1日あたり約900mlの不感蒸散)

夏のように 暑さを感じないので 特に飲み物も摂取しようと思いません。

冬では たくさんの汗をかくことがなくても、体の水分は失われています。

そういうわけで、知らずに「水分不足」となり【脱水症状】が起こるのです。

また、小さな子どもさんや高齢者が家族にいると 心配なのが 感染症による【脱水症状】です。

インフルエンザや胃腸炎でも【脱水症状】には注意を

毎年流行する[インフルエンザ]や[胃腸炎]等の病気。

乾燥する冬の季節では、粘膜にウイルスが付着し 感染しやすいです。

[インフルエンザ]や[胃腸炎]では、高熱がでたり倦怠感があるだけではなく、様々な症状を起こします。

[胃腸炎]の場合、嘔吐や下痢が頻繁になることで 体の水分が出てしまいます。

お茶や経口補水液を飲ませるも 刺激となり再び吐いてしまったりなど、なかなか「水分補給」が難しいことも。。。

そんな場合【脱水症状】のリスクは高まります。

また[インフルエンザ]の場合、高熱が出ることが多く、解熱時に多量の発汗をするため「体の水分」が失われます。

ですから、食べるよりも「水分補給」には十分気をつける必要があります。

冬の脱水症の予防法

それでは【脱水症状の予防】には どんなことを行えばよいのでしょうか。

最近 知られる お勧めの飲み物は『経口補水液(けいこうほすいえき)』。

『経口補水液』とは・・・

食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かしたもの。

『経口補水液』小腸で水分の吸収が行われるので、主に下痢、嘔吐、発熱等による脱水症状の治療に利用される。

胃腸炎等の下痢や嘔吐では、水のみ補給するのではダメで、水とナトリウム・カリウムなどの電解質や糖分も補給する必要があります。

(水だけだと、脱水症状が進行する恐れも。。。)

『経口補水液』は[インフルエンザ]などの高熱が出る病気にもおすすめです (^-^)

※『経口補水液』を摂取しても【脱水症状】が回復しないとき、あるいは重度の【脱水症状】があるばあい、病院で診察を受けましょう。

また 冬の脱水症の予防方法では「住まいに加湿器」を設置しましょう。

乾燥しがちなリビングや寝室など 適度に湿気を保ちます。

また、食事においても「お味噌汁や野菜スープ」などの汁物を付け加えると 水分をとっていることにもなります。

(電解質の多い含んだ ホウレンソウや小松菜を入れても良いですね)

ほかにも 夜に就寝前に コップ1杯の水を飲めば睡眠中の【脱水予防】になります☆

(アルコールは 反対に水分が排出されるので【脱水予防】にはなりません)

真冬になると、日中はもちろん 夜の寝ているときも[エアコン]を運転したままになることも多いです。

寝室は さらに湿気が少なくなり乾燥しがちに。

【夏の脱水症状】にも気をつけねばなりませんが、冬の季節においても【脱水症状】には注意しましょう (^-^)

(災害が起きた後の避難時では トイレ不足もあり 水分をとらない傾向もあるそうですが【脱水症状】にも気をつけないといけません)

以上「【冬の脱水症状】に気をつけよう~インフルエンザや胃腸炎の感染で起こるリスクあります~」 のお話を紹介しました。





ー健康と病 関連記事 ー
◆からだにいい【炭酸水】でご飯を炊いたり卵焼きを作る活用法~【炭酸水】はダイエットにおすすめ
◆運動会の熱中症予防に【ポカリスエットのアイススラリー】は氷を食べるより冷却効果が高い
◆木10ドラマ「グッド・ドクター」~【小児外科】【小児外科専門医】について~
◆大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは~阪神淡路大震災で知られるように~
◆断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や簡易トイレセットの紹介~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 災害後の避難生活【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染…
  2. 平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や…
  3. 災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミー…
  4. 【ニトリのNクール・ルームパンツレビュー】冷んやり さらさらでオ…
  5. からだにいい【炭酸水】でご飯を炊いたり卵焼きを作る活用法~【炭酸…
  6. 大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは…
  7. 台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライ…
  8. 地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP