災害

【マンション窓ガラス割れ】の台風対策には「飛散フィルム」や「段ボール」「ガムテープ」を使い予防策をする方法


スポンサーリンク

非常に猛烈な雨風で 恐怖を感じた「平成30年台風第21号」。

四国・近畿地方に9月4日上陸し 台風21号は 猛威をふるいました。

関西圏(大阪)でも、台風被害は甚大でした。

大阪府・堺市北区マンションの屋根一部が、強風にあおられ はがれて落下するという災害も。。。

また、大阪・泉南市(せんなんし)では、烈風のため「道路の電柱9本」が次々と倒れました。

台風は 大雨が降り続くのも恐ろしいですが、外出中なら 激しい暴風でも 身の危険を感じます。

戸建て住宅においては、屋根瓦が風で飛んでしまい「雨漏り」被害やアンテナの故障。

マンションの場合【ガラスが割れた】という「台風21号被害」が 一番多かったそうです。

今後 猛烈な台風が通過するとき マンションの【ガラス被害】の 様々な防止方法体験も含め 紹介します。





平時のうちに[ガラス飛散防止フィルム]を貼る

台風の予報が出たら 住んでいるマンションに シャッターがあれば、閉めましょう。

しかし シャッター設置のない集合住宅もあります。

そんなとき、台風から どうやって窓ガラスを守れば良いのか?

予算があれば[ガラス飛散フィルム(シート)]を 普段 平時のうちに購入して貼りましょう。

コーナンやカインズホームなどのホームセンターに売ってます。

また アマゾンやヨドバシ等のインターネットからも買うことができます。

『ニトムズ ガラス飛散防止シート広幅 96×180』をチェック。

(割れたガラスが飛び散ることを防ぎます。)

気をつけることは、フィルムの購入サイズを間違えないこと。

(フィルムは 縦×横 それぞれの窓サイズより 3~5cm程度大きめに切る)

また 貼るにも カッターナイフやメジャー、ヘラ、定規などの道具や、床の養生、ガラス清掃等 張る準備も ある程度必要となります。

(1人で施工するより 2人で協力するほうが、貼りやすいです)

しかし[ガラス飛散防止シート(保護フィルム)]の購入予定が無いばあい、厚めのシートなどを窓に貼り 代用するのも良いと思います。

台風が来る前 窓ガラスに「養生シート」を貼った

[ガラス飛散を防ぐ保護フィルム]を貼るのが間に合わないなら、別のもので代用しても良いと思われます。

(※窓ガラスに貼らないより、貼ったほうが安全という感じですが。)

写真は、住宅の建設・リフォームなどで使う『エコフルガード』。

2018年台風24号が来る前に、マンション・ベランダの窓ガラスに貼って「台風対策」。

「エコフルガード」表面は、防水性エンボスシートで滑りにくく、頑丈。

さらに 汚れにくいという長所もあります。

パタンパタンと、折りたためるので持ち運び・取扱いが簡単です。

ただし、お値段がリーズナブルとは言えません。

ちょうど、建築関係の知り合いに 頂いた『中古のエコフルガード』で、ガラスに施工しました。


(窓ガラスの外側か中側か?というと、外側へ貼りました)

普通の紙のガムテープでは、暴風雨で剥がれてしまうかも、、、と心配し『布テープ』でしっかり貼り付け。

『ニチバン 布テープ 50mm×25m巻』をチェック。

貼ったお蔭で、台風24号の通過時点 暴風の物音も さほど酷くなかったです。

(台風21号よりも 若干 弱い台風だったかも)

でも『エコフルガード』などという、建築関係の材料などは 手に入らないよ。。。

そんな場合、窓を守るため 段ボールを貼るのもおすすめです。

窓ガラスに「粘着テープ」を貼る

窓ガラス対策なしで もし割れてしまったときは 大変な被害です。

割れた窓ガラスは ケガをしそうで危ない、また 雨風は部屋に入ってきます。

部屋に置いてある家具類、テレビ、書類、様々な生活用品が 風雨で濡れたり 故障したり。。。。

そうならないためも、ともかく「強風対策」です。

不要の段ボール箱を “ 一枚板状 ” にして、ガラスに貼るのも有効です。

画像は、以前 フジテレビ「めざましテレビ」で放映していたものですが、段ボール箱を “ 一枚の板状 ” にして貼っている様子。

段ボールなどの厚紙が無いならば、窓ガラスに 養生テープや布製のガムテープを貼るだけでも、大きな被害も免れそうですね。

しかし 貼り方にコツがあり、バツ(✕)印で貼ると良いです。

※紙製のガムテープは、ガラスやアルミサッシ部分に[シール跡]が残りがちなため、布テープの方が 後ではがしやすいのでお勧めです。

段ボールもない、粘着テープも無い、、、そんな場合、カーテンだけでも閉め、窓には近づかないようにしましょう!

ガラスは暴風で飛んできた「飛散物」で割れる!

そもそも 台風による 窓ガラス割れの被害は[風(かぜ)や風圧]で割れるのではありません。

風速の強い風により、飛んできた物が マンションなど 窓ガラスにぶつかり破損するのです。

ですので、ベランダにある 植木鉢やプランターは 部屋内に入れたり、洗濯の物干し竿は下ろして片付けましょう。

台風時は 小石や木の枝、看板などが、どこからともなく飛んでくる場合も多いにあります。

ですから、やはり 窓ガラスは 事前に[ガラス飛散防止シート(保護フィルム)]を貼ったり、段ボール紙やガムテープで補強・防止するのが【窓ガラス割れ防止対策】となります。

台風が通過しているときは、外を確認するなど外出は禁止、家で待機するのが大切です。

台風の風速は、侮れません。

台風シーズンでは、テレビの天気予報、ネット情報など こまめにチェックして 早めの対策に心がけましょう。

(※ 万が一 ガラスが割れた場合は、地元のガラス修理屋さんなどプロのガラス屋に依頼しましょう。)

以上「【マンション窓ガラス割れ】の台風対策には「飛散フィルム」や「段ボール」「ガムテープ」を使い予防策をする方法」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー台風対策 関連記事 ー
◆【猛烈な勢力の台風】【強い勢力台風】の言い方は何で決まる?平成30年台風21号は【非常に強い勢力の台風】で平成5年台風13号以降25年ぶりでした
◆台風21号の停電でわかった【台風や地震前に準備するべきお勧めな物(非常食以外)】~電気が使えない時便利なグッズ~
◆平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や非常食~
◆台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!
◆大阪・泉南での恐怖!台風21号【電柱が何本も倒れた道路】は今~電柱を立て直し復旧中~(追記あり)

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見るのや 地元・産直市場で買物するのが好きです。
世の中では当たり前でも 私にとって知らない物なら、感動して文章(ブログ)にしちゃいます。

関連記事

  1. 女性にもおすすめな【ワークマン】~東京や大阪・神奈川など全国展開…
  2. 家のキッチン用に買った【消火スプレー(直撃消火)】~天ぷら油火災…
  3. 断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や…
  4. 災害時に役立つ!【アルミホイル(アルミ箔)】の利用方法~即席食器…
  5. 【冬の脱水症状】に気をつけよう~インフルエンザや胃腸炎の感染で起…
  6. 【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
  7. 燃えにくい性能を持つ【防炎製品】には布団などの寝具類やエプロンが…
  8. 豊臣秀吉の時代に遭った【2つの大地震】~豊臣政権を失墜した理由の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP