災害

地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対策しよう


スポンサーリンク

大きな地震は突然おこるため、どこで震災を受けるかは分かりません。

通勤・通学の電車内かもしれません。

また、車の運転中かもしれません。

地震が起きるのが 夜の時間帯 ベッドで就寝中のこともあるでしょう。。。

自宅で震災を受ければ 部屋には タンスや本棚、テレビボード、食器棚などがあるので、地震の揺れによって「タンスが倒れる」こともあり得ます。

タンスや家具の下敷きによりケガをしたり 最悪 命を失うこともあります。

地震による非常事態は いつ起きるかわかりませんが “ 備えあれば憂いなし ” と昔から言うように できる備えや準備はしておきましょう。

(大地震のとき 最低限の飲み水はどのくらい?という話も ↓ よければご覧くださいね)

「タンスが倒れる」予防としては 【タンスに突っ張り(伸縮)棒を設置】という方法があります。

詳しくみていきましょう。





耐震突っ張り棒をすれば気持ちも安心

普段のタンスや本棚は 何もしなければガタガタ動くことはありません。

大人の男性の力なら ある程度「ヨイショ〜」と揺らそうと試みれば、家具は揺れることもあります。

ところが、地震は下から激しく振動するものです。

震度が大きければ、簡単に転倒する可能性は 十分あります。

そこで、市販のホームセンターやインターネットなどで購入できる【突っ張り棒を家具に設置】しておけば 防災対策となり安心です。

●ホームセンターで販売:突っぱり耐震ポール2本入りの詳細

・ねじ・くぎ不要の突っぱり固定式
・取り付け簡単
・家具を強力サポート
・耐圧は約200キロ
・ジャッキの力で強力に圧着固定
・大判すべり止めがしっかりサポート

(使用方法も ちゃんと記載あります)

最近では[熊本地震][大阪北部地震]の影響で、ホームセンター内にも「災害対策コーナー」などが設置されており、見本などもディスプレイされ 分かりやすいです (^-^)


(ホームセンター:コーナンにて)

耐震効果は 実際 大地震が起きてみないと不明ですが、伸縮ぼうの固定後の安心感は あります。

万が一 本棚がある寝室で寝ていても、耐震ポールで固定された本棚ならば やはり気持ちは安心です。

ところで【地震対策突っ張り棒】の良い点は ネジや釘なども 使わないところ。

また ドライバー等 道具も必要なく取付けでき、しかも 大人でしたら男女関係なく組み立てられます。

とはいえ「説明書」をしっかり読みながら固定しましょう。

スムーズに付けられると良いのですが「説明書」を適当に読むと 時折 固定に手こずります。。。

私も 高校生の息子と取りつけたのですが、説明書を真剣に読まず 取付けがうまくできず 汗をかきました (;^ω^A

くれぐれも、よく「説明書」を理解してから 正しく取り付けましょう。

家具転倒防止突っ張り棒(伸縮棒)の商品紹介


改めて【家具転倒防止突っ張り棒】とは、どんな使用方法で、どのように倒れるのを防いでくれるのでしょうか?

また、ネットではアマゾンや楽天などでも売っていますので、チェックしてみてください。

(※ 伸縮するポールの長さもまちまちなので、家の家具に合った長さを選びましょう)

『アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト 』をチェック。

【家具転倒防止伸縮棒】については、ざっと このような商品説明があります。

●【家具転倒防止伸縮棒】について
・家具転倒を防ぎ、万一の地震時に 被害を最小限にする防災用品
・家具と天井の間に突っ張りながら 家具を固定する

・ドライバーなど 工具が不要、簡単に取り付け可能で 強力に圧着固定

・耐圧約150kg、200キロなど 商品により様々

・転倒防止伸縮棒の上下には「大型キャップ」で支え タンス等を固定

・タンス、本棚、食器棚、キャビネット、冷蔵庫など 家庭の背の高い家具の転倒防止に大活躍

ところで【家具転倒防止の伸縮棒】のほかにも「L字金具」で固定する地震対策方法もあります。





「L字金具」を付けて転倒防止を

【家具転倒防止伸縮棒】を取り付ける他に「L字金具」で固定する転倒防止法もあります。

「L字金具」は 一番強度が高いのでおすすめなのですが、部屋の壁に “ ビスで穴 ” を 開けることになります。

そういうことから、賃貸住宅に住んでいる方には 向かない対策となります。

賃貸物件で部屋の壁穴はダメ?

持ち家でなく、賃貸マンションやアパートが住居のばあい、引っ越すとき(退去時)には『原状回復の義務付け』があります。

画鋲など小さな穴のケースでは、修繕費用はかかりませんが、釘やネジ穴などの 大きな穴の場合、修繕費用が発生します。

(※物件によっては、退去時に借り主が穴を埋めてくれたらオーケー!という場合も あるようです)

とはいえ、何年も住んでいれば 自然と家屋も劣化し 多少の汚れもついてきます。

全く「マンションへ入居する前の部屋状態」に戻して返す必要はなく、また 住居期間が長ければ長いほど 修繕費の負担割合は減るようです。

賃貸でなく 持ち家なので 壁に穴を開けてもオーケー!という方なら、ぜひ 防犯対策として「L字金具」で固定してみてください o(^▽^)o


(※石膏ボードの壁では、ビスが効かない可能性が高いですので 取り付ける壁の素材を確認ください。)

地震の揺れ(震度の程度)のレベルで部屋はどうなる?

震度6~7レベルの地震を 体験したことがある方は少ないと思います。

ですが、大地震は日本全国 どこで起きるかわかりません。。。

(南海トラフ巨大地震も 懸念されています)

そもそも 震度というのは、どういう測り方?

揺れの状況は??

国土交通省の気象庁がまとめた「震度について」を参考に紹介します。

まず 震度というものは「計測震度計」によって自動的に観測し「地震速報」などが流れます。

●震度には “ 震度階級 ” がある
「震度0」
「震度1」
「震度2」
「震度3」
「震度4」
「震度5弱」
「震度5強」
「震度6弱」
「震度6強」
「震度7」の 10階級となります。

(震度0ゼロも、あるのですね。。。)

震度と揺れの状況も参考にしてください。


(引用:国土交通省・気象庁の震度について)

「震度0」=人はゆれを感じない。

「震度1」=屋内で静かにしている人の中には、揺れをわずかに感じる人がいる。

「震度2」=屋内で静かにしている人の大半が、揺れを感じる。

「震度3」=屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。

「震度4」=ほとんどの人が驚く、電灯などのつり下げものは大きく揺れる、座りの悪い置物が倒れることがある。

「震度5弱」=大半の人が恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。棚にある食器類や本が落ちることがある。固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。

「震度5強」=物につかまらないと歩くことが難しい。棚にある食器類や本で落ちるものが多くなる、固定していない家具が倒れることがある、補強されていないブロック塀が崩れることがある。

「震度6弱」=立っていることが困難になる。固定していない家具の大半が移動し倒れることもある。ドアが開かなくなることがある。壁のタイルや窓ガラスが破損、落下することがある。耐震性の低い木造建物は、瓦が落下したり建物が傾いたりすることがある、倒れるものもある。

「震度6強」=はわないと動くことができない。飛ばされることもある。固定していない家具のほとんどが移動し倒れるものが多くなる。耐震性の低い木造建物は傾くものや、倒れるものが多くなる。大きな地割れが生じたり、大規模な地すべり山体の崩壊が発生することがある。

「震度7」=耐震性の低い木造建物は傾くものや、倒れるものがさらに多くなる。耐震性の高い木造建物でもまれに傾くことがある。耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物では、倒れるものがさらに多くなる。

震度と揺れの状況を確認すると、やはり転倒防止対策は『行わないよりも 行なったほうが良い』のは 明らか。

タンスや本棚などの家具類の転倒防止グッズは 今では多くの商品が 販売しています。

商品の種類にも 値段が高いもの、リーズナブルなものと 色々ありますから 上手く組み合わせたりして 家具の転倒防止対策をすれば、効果は 高いでしょう。

例:L型金具が不可能ならば 「突っぱり棒」と「家具底面にマット式ストッパー商品」の ダブル防止策を☆

『ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君』をチェック。

(2つの転倒防止商品で固定すれば かなり安心です)

↓ テレビの 転倒防止グッズもあります。

『テレビと家具転倒防止ベルト』をチェック。

今後 大きな地震が来る確率は 高いです。

家具固定ができてなく 下敷きとなった場合 たとえ数時間後に救助されても・・・重症や 亡くなってしまう[クラッシュ症候群]という 怖い病気もあります。

[クラッシュ症候群]については 後日 書きたいとおもいますが、やれるところから「地震災害防止対策」は やっていきましょう。

以上「地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対策しよう」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー地震対策 関連記事 ー
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!
◆地震でなぜ【断水】するのか?その理由~吹田市や高槻では水道管破裂が原因で断水~
◆地震などの「防災・非常用」として【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 【破傷風の症状】とは?~地震や台風など災害時にも注意すべき感染症…
  2. 地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使…
  3. 災害時に役立つ!【アルミホイル(アルミ箔)】の利用方法~即席食器…
  4. 地震魚とも呼ばれる深海魚【サケガシラ】~2019年2月にも鳥取県…
  5. 台風や地震など「防災・非常用ライト」に【パナソニック・ledライ…
  6. 災害後の避難生活【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染…
  7. 【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
  8. 地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP