災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミークラス症候群)の症状や予防方法】


スポンサーリンク

最近は【エコノミークラス症候群】という言葉をニュースやネットで よく聞くことがあります。

正式名は「肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)」。

(「静脈血栓塞栓」と呼ばれる場合や「旅行者症候群」「ロングフライト血栓症」とも)

“ 飛行機(エコノミークラス)に長時間乗っている人が発症する病気 ” というイメージのある【エコノミー症候群】。

現に 元サッカー日本代表である「高原 直泰(たかはら なおひろ)」さんも 2002年飛行機のビジネスクラスで移動中【エコノミークラス症候群】を発症しました。

(サッカー選手でもなるの!?って驚いた記憶があります)

ところが、実際は “ 飛行機 ” だけでなく ときに日常生活でもなりうることが分かってきました。

特に 地震や台風災害後 避難するのに “ 車中で寝る避難生活 ” を行なうばあい、注意が必要ともわかってきました。

【エコノミークラス症候群】の地震災害の発症例やその症状。

また どんなことに気をつけ 防止すればよいのか?調べてみました。





【エコノミークラス症候群】は熊本地震でも多発

2016年(平成28年)4月14日に起きた熊本地震(くまもとじしん)。

(ツイッターより引用)

熊本地震により、多くの地震被災者が自家用車などで寝泊まりをしました。
車中泊により 50人以上が【エコノミークラス症候群】で病院へ入院、 うち1人のかたが亡くなられました。

熊本地震(くまもとじしん)では 最も大きい震度7の地震が4月14日夜に発生。

また 4月16日未明にも震度7の地震が発生。

そのほか 最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回発生したため、家庭や避難所に備蓄する「飲み水」が無くなった。。。

(※水を飲まないと 水分不足のため 血液が濃くなる)

加えて 家に帰れず 長期の車中泊の被災者も多かったため【エコノミークラス症候群(肺塞栓症)】の発生者が増えたのではないかとも言われています。

「新潟県中越地震」でも報告あり

2004年10月23日に起こった M6.8の「新潟県中越地震(にいがたけんちゅうえつじしん)」。

長岡市や小千谷市などでは、避難者が最大10万人に上りました。

そのため 緊急の避難所は混み合い、気兼ねのない車中泊する人も多かったそうです。

この「新潟県中越地震」では【エコノミークラス症候群】を含めた震災関連死が52人でした。

ショックなことは 2005年の調査によれば、車中泊でない[避難所生活]のかたにも 血栓が見つかったこと。。。

この理由は 避難所の就寝スペースが狭く 窮屈な姿勢がおおいため 車中泊と似た環境に近く 血栓ができやすいのです。

(大きなワゴン車やボックスカーで寝泊まりした場合 避難所のかたの約4割しか血栓が見つからなかったという事実も)

ようするに 血栓が増大し【エコノミークラス症候群】になるのは 車中泊に関係ないのかもしれません。

せまい空間で 運動不足や水分不足であると【エコノミークラス症候群のリスク】は高まります。

そんな【エコノミークラス症候群】の症状とは どんなものでしょうか。

【エコノミークラス症候群の症状】とは

それでは【エコノミークラス症候群の症状】とは、どんなものがあるのでしょうか。

●【エコノミークラス症候群 主な症状】

『呼吸困難』

『息切れ』

『急な胸の痛み』

『不安感』

『動悸』

『冷や汗』

『足や膝(ひざ)のむくみ・腫れ』

『ふくらはぎの激しい痛み』

『大腿(足の付け根からヒザまでの太ももの骨)に激しい痛み』

『失神』

『咳や血痰』

『全身倦怠感』など

様々な症状があるため【エコノミークラス症候群】と、すぐに疑いにくいこともあります。

症状の程度も軽いものから 意識障害やショック状態となる重症のものもあります。

しかし、避難しているかたが 急に突然 息切れや胸の痛みを訴えれば 救急車を呼びましょう。

元サッカー日本代表も発症した【エコノミークラス症候群】

元サッカー日本代表:高原 直泰(たかはら なおひろ)さんも発症した【エコノミークラス症候群】。

発症した当時の様子は ↓以下のものでした。

2002年(平成14年)当時 高原選手は ポーランドでの代表戦後、フランス経由で日本に帰国途中でした。

フランスまで3時間のフライトでしたが、機内はとても狭く 荷物も足元に置いていたそうです。

ポーランドでの代表戦後の水分補給も足りない中、フランスまでの3時間を過ごしました。

(つまり、水分不足の脱水状態 かつ 窮屈な姿勢で過ごしたのです)

フランスの空港に着くと “ 呼吸するごとに左胸に痛み ” を感じたそうですが、とくに酷い症状でなかったため 日本へ帰国後も2試合のリーグ戦に出場。

しかし、その後 高原選手は夜中に激しい痛みを感じました。

病院へ行くと 即入院。

高原 直泰選手の検査結果は【エコノミークラス症候群】でした。

ショックなことに 高原選手は2004年にも再発をしました。

しかし、最初に【エコノミークラス症候群】を経験していたので すぐ病院へ行ったようです。

高原さんは 現在も再発するリスクはあるため、国内でも飛行機に乗る時は、ヘパリンという抗凝固薬を皮下脂肪に注射したり 水分補給や弾性靴下をはいたりなど 健康に注意しているそうです。





なぜ【エコノミークラス症候群】になるのか?

そもそも、なぜ【エコノミークラス症候群】が発症するのでしょう。

【エコノミークラス症候群】とは=肺を含む静脈に血の塊(血栓)ができることで起こる病気。

はじめに【エコノミークラス症候群】は ふくらはぎから始まります。

ふくらはぎは “ 第2の心臓 ” とも呼ばれる部位。

その ふくらはぎには「ヒラメ筋((魚のヒラメ様に扁平広大な筋腹をもつのが特徴)」があります。

「ヒラメ筋」の中にある静脈はふくらみやすく出来ています。

ところが、長時間座っていたり 水分不足になると「ヒラメ筋静脈」がふくらみ 中の血液がよどみます。。。

さらには、水分不足で血液は濃くなり 血栓ができます。

この段階では 無症状なことが80%なので気づきません。

(この段階を 深部静脈血栓症とよびます)

気づかないため そのままでいると症状は進行・悪化します。

血栓が大きくなり 心臓方向へ伸びていき 骨盤内までいくと ちぎれて飛散します。

それが心臓を通り肺動脈を詰まらせます → →これが「肺血栓症」。

恐ろしいことに 血栓が大きければ死にいたることもあります。

深部静脈血栓症と肺血栓症を【エコノミークラス症候群】と言います。

自分たちが気づかないうちに 症状は進行していることもある【エコノミークラス症候群】。

う~ん、怖いですね。。。

発症したら、再発する恐れもある病気なので まずは予防が大事になってきます。

治療よりも予防を!【エコノミークラス症候群】

血液が固まらない薬も ずっと飲み続けねばならない【エコノミークラス症候群】。

また、再発の恐れもあるため 何よりも【エコノミークラス症候群】に罹患しない、発症防止が大切です。

特に災害後 避難所や車中泊では どんなことに気をつければよいのか、紹介します。

【エコノミークラス症候群の予防方法】

●長い間 自動車の座席で座った姿勢で睡眠しないこと。

●時々 歩いて運動する(無理なら足首だけも動かす・回す)

●なるべく手や足を伸ばして過ごす。

●ふくらはぎマッサージを行なう。

●見た目は悪いが「貧乏ゆすり」もお勧め。(足の血流の改善に☆)

●水分補給をする(避難所ではトイレが混むため 水分を控えようとするが危険です。)

●果物やお米にも水分は含むので 水が全く手に入らない時、水分が多い食物を摂取する。

●弾性ストッキングや弾性ソックスをはく(医療用ストッキングです)

●足にケガをしたら早期治療を!(打撲したら包帯や弾性ストッキングで圧迫する)

●体育館など避難所では 段ボールベッド(簡易ベッド)で寝る

駅やショッピングモールでも経験あると思いますが、女性の場合 トイレが混み合うことが多いです。

列に並んで待つのもストレスと感じ、トイレへ行く回数を減らす=水分を摂らない、という考えになりがち。。。

ですが【エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)】の防止のため 水分補給をおこない トイレは我慢せず行きましょう。

また、わたしも知りませんでしたが「弾性ストッキング(靴下)」という特別な医療用靴下があります。

避難時には 運動するのが良いとわかっても それが難しいのが現状。

そこで、足を強く圧迫して血行を良くし「血栓ができるのを防止の効果」がある「弾性ストッキング(靴下)」がお勧めです。

ネットでも販売していますので、チェックしてみてください☆

「医療用弾性ストッキング・靴下」は 普通のストッキングと異なり 特殊な編み方で制作されたもの。

足の締めつけが強く ふくらはぎに貯まる血液を絞り出し 血流を良くします。

(足をしめつけるなんて 血流は悪くなりそう。。。と思いがちですが、違うようです)

また「弾性ストッキング」は、災害の避難時に履くとは関係なく、仕事上 立ち仕事や屋外の仕事、また[足に静脈瘤がある人]では 日常生活でも血栓が作られやすいので 着用するのも良いです。

最後に紹介した[ダンボールベッド]は、ツイッターより引用 頂いた画像をご覧ください。

体育館などの避難場では、夜に寝るとき「雑魚寝」になりやすいです。

すると、足腰の弱った高齢者も 起き上がってトイレへ行きにくい。

トイレへ行きにくいと・・・水分をとりません。。。

こういう避難所の睡眠環境も【エコノミークラス症候群】を発症しやすくします。

その点[ダンボールベッド(簡易ベッド)]では、高さがあるので 高齢者も立ち上がりトイレへも行きやすくなります☆

「雑魚寝」は窮屈な姿勢で寝がちですが、ベッドなら手足を伸ばせます。

そのため【エコノミークラス症候群】を防ぐためには[ダンボールベッド(簡易ベッド)]が効果があると期待されています (^-^)ノ

今回は【エコノミークラス症候群】について、その症状や発症例を紹介しました。

普段の日常生活において【エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)】には 心配しすぎなくて良いかと思います。

しかし、万が一 地震や台風など災害後『避難所や車泊で寝泊まりの生活』をすることがあれば 大いに気をつけてほしい病気です。

地震や自然災害は起きてほしくないものですが、非常事態はいつ起きるか分かりません。

ですので、平時のうちに できる備えはしておきましょう。

以上「災害後の避難所や車中泊生活で注意すべき病気【肺血栓症(エコノミークラス症候群)の症状や予防方法】」 のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ーからだ・健康 関連記事 ー
◆大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは~阪神淡路大震災で知られるように~
◆足のふくらはぎを揉めば(マッサージ)老廃物や毒素を排出・デトックスします
◆自分でできる!【肩甲骨の硬いコリ】は反射区の腕を押してマッサージ(道具も不要!)
◆【冬の脱水症状】に気をつけよう~インフルエンザや胃腸炎の感染で起こるリスクあります~
◆発熱保温する【グンゼのルームシューズ】~冬の足元の寒さ対策~
◆喉がずっと痛いのは【慢性上咽頭炎】?~耳鼻咽喉科の治療へ行った~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見るのや 地元・産直市場で買物するのが好きです。
世の中では当たり前でも 私にとって知らない物なら、感動して文章(ブログ)にしちゃいます。

関連記事

  1. 昼ご飯を【ミックスナッツ】にした~空腹が紛れ「非常食の一つ」でも…
  2. 日本で発見された【深海魚・リュウグウノツカイ】は地震の予兆!?~…
  3. 停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方…
  4. 地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対…
  5. 喉がずっと痛いのは【慢性上咽頭炎】?~耳鼻咽喉科の治療へ行った~…
  6. 初心者でも大丈夫!【コインランドリーの使い方や利用法】~乾燥機や…
  7. 【段ボールベッドの断熱効果】~避難所の床でそのまま寝るより「断音…
  8. 家のキッチン用に買った【消火スプレー(直撃消火)】~天ぷら油火災…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP