災害

地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!


スポンサーリンク

以前から気になっていた【緊急時の携帯トイレ・処理袋セット】。

地震など災害時には 家の水が出なくなる(断水)こともあります。

今は普通にトイレを使ってますが、そういう緊急事態は やはり突然にくるもの。。。

毎日の生活必需品・・・食料や衣服、日用品などの買い物は怠らないのですが、緊急対策用の準備は 後回しになりがち。

大きな地震にも遭った経験がないため、防災グッズもどれを揃えれば良いのかイマイチなのですが、旭電機化成株式会社の【緊急時の携帯トイレ80回分 ¥4,670】を購入し 試しに使ったお話です。





購入した「緊急時のトイレ80回分」

熊本地震や大きな地震等の災害では、水道、電気、ガスなどのライフラインが絶たれます。

「熊本地震」が起きたとき 水道は1週間ほど改善がありませんでした。

飲み水も大事ですが、下水道も大事。

水洗トイレの水が流れないのを考えると やはり大きな問題です。

普段は「トイレのレバーをひねる」・・・水が流れて完了!

ですが、断水のときは 水が流れません。。。。

そこで、水が流れずとも 普段使用している家のトイレに[処理袋]を設置して 用を足すことができるのが【緊急時のトイレ80回分】という災害対策品

こちらは、ヨドバシドットコム(yodobashi.com)で買いました。

では、中身を開けて紹介します。

「緊急時のトイレ80回分」の中身

取っ手がついており、バッグのような箱。

蓋(フタ)を開封すると、シンプルな「緊急時のトイレ80回分」の中身でした。

●「緊急時のトイレ80回分」の中身
・緊急時のトイレ凝固剤(400グラム)が2個
・凝固剤で使うスプーン 1本
・黒いビニール処理袋(45リットル) 80枚

金額 ¥4,670(税込み)

細かい説明書は入っておらず、箱の絵に「使用方法」が書いてあります。

我が家のトイレで、どんな感じで設置されるのか ご覧ください。

(購入前の参考にしてくださいね)

我が家のトイレへ設置「緊急時トイレ処理袋」

処理袋は 大きな黒のビニール袋(45リットル)で、ゴミ袋のような印象。

トイレを一度使うたびに この処理袋(黒ビニール袋)をセッティングします。

トイレの便座をあげて、便器へ処理袋をいれます。

便座を再び戻したら、これで設置完了で 断水中で水が流れずともトイレ利用ができる☆

(不衛生が気になるかたは、袋を二重にすると安心ですね)

トイレ使用後「凝固剤」をかける

トイレ利用後、汚物のはいった処理袋へ「凝固剤」をふりかけます。

説明では、尿一回分(約400cc)に対して、付属スプーン1杯の凝固剤を入れます。


(白い粉状の凝固剤)

ちなみに 正常な排尿(成人の場合)では、1回の排尿量は200~400mL。

1日の排尿回数は 5~7回ほどだそう。

ゼリー状に固まれば廃棄

我が家のマンショントイレで、どんな具合か 使ってみました。

本物の尿では すこしリアルですので、子供に借りた “ 水彩絵具の水 ” を 尿として実験します。

緑色の絵の具水400ccが 処理袋へ入ってます。

この処理袋に、凝固剤をスプーンで投入。

ゼリー状に固まる時間は、速い!30秒もかからないほどでした!


(画像をクリックして、確認してみてね)

固まったら、処理袋の口をしっかり結びまして、廃棄となります。

(※ 廃棄方法は、各自治体の指示に従ってくださいね)

以上が【緊急時携帯トイレ・処理袋】の使用方法でした。

使い方、利用法は案外とカンタンでしたが、実際 災害時でも日常時でも トイレの回数は同じ。

よ~く考えると トイレって ホント頻繁に使い 大切だとわかります。。。

今回の【緊急時の携帯トイレ80回分 ¥4,670】で、家族4人(子供2人)なら 何日使用可能でしょうか?

【緊急時の携帯トイレ】は多めに備えること

断水日数にもよりますが、例えば4人家族が【緊急時の携帯トイレ80回分】を使うと、何日間のトイレ処理ができるのか?

すこし 計算してみました。

計算方法は 大人の場合、1回の尿量は400cc。

子供は その半分の尿量として200ccとします。

1日にトイレへ5回利用するとして・・・。

●一日で使う【緊急時携帯トイレ】の数
・大人が1人につき 5回(400cc)使用✕2人=10回分使用
・小人が1人につき 5回(200cc)使用✕2人=5回分使用

トータル=4人家族では1日に【緊急時携帯トイレ・処理袋】を15回分使用

買った【緊急時の携帯トイレ・処理袋セット】は80回分です。

おおよそ、このペースで毎日使うと トイレ5日目で75回分使用することに。

『災害時・緊急時』でも 体調の良いとき、悪いときがあります。

トイレ使用回数が計算どおりにはならないので、これは難しいところ。。。

水道やガス、電気などのライフラインが いつ復旧するのか分らないので、やはり多めに準備(対策)しといたほうが良い対策です。

(※ 【緊急時携帯トイレ80回分】=2箱は保管するのが良いのかも。。。)

『緊急時のトイレ約40回分 (凝固剤のみで袋無し)』をチェック。

『非常用 簡易トイレ 凝固剤 蓄便袋付き 50回分』をチェック。

ライフラインの復旧には、想像以上に長い時間がかかります。

飲料水や食料、携帯電話の充電器など、手近なものから準備を進めましょう。

2018年6月18日(月曜)の朝に起きた『大阪地震』。

大阪府北部を震源とする、最大震度6弱の地震でした。

ツイッターでも多くの画像や 動画投稿がされており、以下Twitterでは「大阪・寝屋川市で水道管破裂」。


大阪府が震源の地震で “ 震度6弱 ” を記録したのは、1923年以降の記録が残っているなかでは 初めてのようです。





大震災を想定するならば、下水道だけでなく「1週間分の飲料水」も必要。

大人(成人)ですと、1日3リットルの飲料水を確保しておくと良いそうです。

※ 水のない時の代替品は「ウェットティッシュ等」で体をふくのも、とりあえずの応急方法。

地震や天災が起きない毎日を願いたいですが、こればかりは どうなるかわかりません。

なにも起こらないと 災害対策の準備は 後回しにしがちですが、できるだけ用意しておきましょう!

以上「地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!」を のお話を紹介しました。

ー地震対策 関連記事 ー
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震などの「防災・非常用」として【パナソニック・ledライト(エボルタ乾電池付き)】を購入した

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 防災グッズ【長期保存水】味や保存期間はどのくらい?普通の水との違…
  2. 楽天カード会社から【第三者による不正利用の可能性】との連絡による…
  3. 災害後の避難生活【蚊の虫刺され】を防止する方法や工夫~蚊媒介感染…
  4. 【ラグーナテンボスのプール(ラグナシア)】~風雨の日のプールを調…
  5. 【猛烈な勢力の台風】【強い勢力台風】言い方の違い~平成30年台風…
  6. 【地震雲】の信憑性は?【地震雲】を目撃すると本当に大地震が起こる…
  7. 停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方…
  8. 【熱中症】初期症状は「めまいや吐き気」など~誰にでも起こる【熱中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP