災害

断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や簡易トイレセットの紹介~


スポンサーリンク

大地震や 台風等の自然災害において その後[断水(水道が止まる)する]可能性も、頭に入れておく必要があります。

今まで 普段通り使っていた蛇口の水が 突然出ない[断水]。。。

そんな[断水]では「トイレの水が流せない」「飲み水をどうしよう。」

このような、↑ 困りごとが 一番多いと思います。

いつ起こるか分らない[断水]のとき、水の確保はどうしたらよいか 経験談も混じえて 紹介します。





トイレ使用後に必要な水

平時においては ほとんど 気にせず使用していた【水洗トイレ】。

ところが[断水]となれば、家にある水道の蛇口をひねっても 水は出ません。

トイレも同様で、レバーを回しても 水が出ないことに 愕然とします。。。

「平成30年7月豪雨」と命名された 西日本豪雨でも[断水]の発生した地域がありました。

(※「大雨特別警報」を6日~8日にかけ 福岡、佐賀、長崎、広島、岡山、鳥取、京都、兵庫、岐阜、愛媛、高知の11府県で発表された)

「平成30年7月豪雨」では 自衛隊の給水車もありましたが、給水車の到着まで やはり、トイレの水を流すのに「家に水」は必要でした。

[断水]になる直前 浴槽の湯船と 洗濯槽に水をいっぱい溜めておいたので 役立った方も大勢います。

住まいにおいて、手っ取り早く 水を貯めやすいのが【お風呂場の浴槽】です。

使用した風呂の湯を、翌日も 万が一のため 残しておく人もおられます。

まさかの[断水時]には、一番 水を確保しやすいですね。

ところで 普段【水洗トイレ】を使うとき、一回で どれほどの水量が 必要なのでしょうか。

トイレの水は1回 約6L使う

【水洗トイレの大レバー】を使うと・・・約8リットル。

【水洗トイレの小レバー】を使うと・・・約6リットル。

上記の水が流れると言われますが、最近 トイレで有名なTOTOでは「一回あたり 4,8リットル」の洗浄水量トイレも 販売しているようです!

さて、2002年 東京都水道局が 家庭内で一番「水道水が使われている場所」を 調査をしました。

結果は、やはり【トイレでの使用】だったそうです。

●一般家庭での 水道水使用量が 最も多いランキング

1位:トイレ 約28%使用

2位:お風呂 約24%使用

3位:台所の調理 約23%使用

4位:洗濯 約17%使用

家族が多ければ、トイレの使用回数も 増えます。

洗浄水量も増えるため 当たり前の結果かもしれませんが、このため[断水]では、大打撃を受けるのもうなずけます。

普段使うトイレでは、レバーを回すことで 約6リットルの水を使用するのが分かりましたが、緊急事態[断水時]でも、同じ水量を【水洗トイレ】では 流せば良いのでしょうか?

バケツで便器へ水を流す方法

地震や台風など 非常時での[断水]で【水洗トイレ】の水が使えない場合、トイレで用足し後には 自分たちで便器へ水を流す必要があります。

(※ 排水配管が破損していないときのみ)

先程【水洗トイレの洗浄水量】は、約6リットルと 紹介しました。

手動で流す場合も、ほぼ同じ水量となりますが、若干 水量は多めのほうが 汚物が流れやすいため お勧めです。

バケツに6~8Lほどの水を入れて、便器に 一気に流し込みます。

(2Lペットボトルでは 3,4本必要と分かります。。。)

追加で 静かに 3~4Lの水を流すと良いです。

2,3回に1回は トイレ汚物の 排水管での途中停滞を防止するため、10~12Lと 多めの水を流してください。

※ 使用中のトイレ種類で、必要な水量が変わるので、参考にしてください。

※ 水が周りに飛び散ることもあるので、新聞紙やウエスなどを 床に敷いておきます。
(病気などの 感染予防にも)

※ できれば「目盛り付きバケツ」ですと どの位の水量か分かるので 便利☆

バケツで 便器へ水を流し込むより、いつもみたいに「トイレタンク」へ 水を入れたら良いでない!?

そう思うかもしれませんが、タンクへ水を入れるのは止めてくださいね。

たとえば、お風呂の残り湯を、トイレの水で使う場合、水中に髪の毛やゴミが「トイレのタンク内部の部品」に引っかかることもあります。

(つまりは、故障の原因となります)

ですから、災害時では「トイレのタンク」へ 水を入れるのは避けて 直接 便器へ流しましょう。

[断水]で使う【トイレの水量】まとめ

普段使う【トイレの1回分 水量】は、約6リットル=ペットボトル2L が3本分と判明しました。

(ペットボトルで表すと、かなりの量を使うことになりますね。。)

そういうわけで[断水]したときは、家のお風呂(浴槽)を利用するのが大変 重宝するのです。

でも 自分の家のお風呂の水量って、どのくらい?・・・分らないですよね。

簡単な計測方法ですと “ 浴槽の縦 ✕ 横 ✕ 高さ ” を測ればよいです。

例:縦50センチ ✕ 横120センチ ✕ 高さ50センチ = 300000立方センチメートル。

なので・・・・300リットルが 満タン水量となります。

(測りづらいけど 浴槽の内径を 頑張って 計測してくださいね)

家の浴槽で 確保できる容量を知れば【トイレで流す水量】が、何回分可能なのか もイメージできます。

お風呂の水を入れて【トイレ用の水】を確保するのもよいですが、お金に余裕があれば『非常用の簡易トイレセット』を準備しておくのもオススメです。

(※ 断水時 トイレの水は、非常用トイレセットを購入しており、助かった人もいます)

『非常用のトイレセット』は、家の便器に取り付けて トイレをします。

凝固剤とビニール袋がセットになっており、水は要らず、ゼリー状に固まるので 汚物の臭いも防止します。

しかし、値段が すこし高めですので 買うのに迷うところですが、、、いざと言うときには とても役立ちそうです。

災害が起こってから、ライフラインが途絶えてからでは遅いです。

やれるべき「災害対策」は、普段のうちより 行っておきましょう。

以上「断水で困るのは【水洗トイレの水が出ない】こと~バケツで流す方法や簡易トイレセットの紹介~」を のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー自宅避難 関連記事 ー
◆地震(災害)対策のため自宅で備蓄する水は最低限【1週間分】を~大人の飲み水は1日1L・調理用の水は2L確保を~
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆地震でなぜ【断水】するのか?その理由~吹田市や高槻では水道管破裂が原因で断水~
◆運動会の熱中症予防に【ポカリスエットのアイススラリー】は氷を食べるより冷却効果が高い
◆平成30年台風21号で停電~家に予備・備蓄するおすすめな食べ物や非常食~
◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見るのや 地元・産直市場で買物するのが好きです。
世の中では当たり前でも 私にとって知らない物なら、感動して文章(ブログ)にしちゃいます。

関連記事

  1. 【熱中症】初期症状は「めまいや吐き気」など~誰にでも起こる【熱中…
  2. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  3. 【段ボールベッドの断熱効果】~避難所の床でそのまま寝るより「断音…
  4. 地震や台風で突然の災害!家にある新聞やラップで即席に代用する方法…
  5. 大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは…
  6. 燃え広がる火災対策に!【防炎加工カーテン】の防災効果と売っている…
  7. 【大地震の発生前】の前兆や前触れ?異常行動する動物のミステリー
  8. 建物の形を知り【地震の揺れの向き】と平行に家具配置を~転倒防止対…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP