緊急事態

体験すると こりゃ大変~【缶切りなしで缶詰を開ける方法】~日頃から缶切りは備蓄するべし!~


スポンサーリンク

台風や地震など 自然災害が発生すると「停電」「断水」など ライフラインが止まります。

すぐに復旧する区域もあれば、何日も復旧できない地域もあります。

そんな非常時、家にあると便利なのは[飲料水や食料品]の非常食。

非常食として、頭に浮かぶものに【レトルト食品や缶詰】が あります(^-^)ノ

しかし缶詰(かんづめ)が備蓄してあっても “ あれ? 缶切りがない。。。”

そんなガックリなとき・・・・・・缶切りが無くても 缶詰は開けて食べられます。

【缶切りがなくても缶をあける方法】を調査。





缶詰→「缶切りナシ」で開けることが可能

そもそも【缶詰(カンヅメ)】にも 2種類のフタがあります。

最近 よく目にする「プルタブ(プルトップ)」の缶詰で、スーパーやコンビニでは ほとんどの缶詰め「プルタブ」タイプが並んでます。

これは[道具の缶切り] がナシでも、リング付きの缶蓋に 指を引っ掛け あけられます。

しかし、まだまだ 缶詰にも リング無しの缶もありますよ~(。´・ω・)

普通は ↓「缶切り」の道具を利用し、ギコギコ~と 缶詰めを開封します。


(正直 缶切りがあれば 一番良いです)

ところが、缶切りが見つからないとき。

台所に缶切りがあるはずだけど「停電」していて探せない。。。

そんな非常時、身近に 毎日使う[スプーン]で 缶詰を開けることが可能。


(スプーンなら、食事などで頻繁に使いますよね。)

どうやって 缶詰を開けるか? もう少し詳しく紹介します。

●スプーンで「缶」を開ける方法

比較的 家族みんなは「スプーン」がキッチンのどこにあるか? とわかるほど、日常で「スプーン」は使われていると思います。

とりあえず、見つけた「スプーン」で 缶を開封しよう~!(*゚∀゚)ノ

では スプーンで「缶」を開ける方法です。

1.スプーンをしっかり持つ。

2.缶詰めの縁(ふち)を目がけて、スプーンで擦る(こする)。

3.できるだけ「スプーン」に力を入れ 狭い範囲をこすります。

(※ 同じ箇所を 集中してこするイメージ)

4.30回ほどこすると・・・缶詰めが ひらきました。


(意外と楽しいことなく、疲れまっせ。。。)

最初は “ スプーン1本で ホントに開くの? ” と思いますが、10回以上こする内に 缶のフタがベコベコしてきて 手応えを感じます。

ただし、手応えを感じるのは すぐではありません。

今回は 成人男性に実験してもらいましたが、缶がパカッと開けるまでには 力と時間がとても必要でした。

スプーンで「缶」を開けるのは大変だ

また最初は 素手でスプーンと奮闘してましたが、途中 ケガする危険性を感じ その後「滑りにくいゴム手」を装着。

それから、集中してスプーンでこすり、ようやく 小さい穴が1センチほど開きました。

(素手は ホント危ない。スプーンに 力も超入れてるし、缶フタが開きだしても 切り口がギザギザなのでケガしそう。)

インターネットや動画で見ると、あたかも簡単に「スプーンで缶が開く!」と 紹介していますが、、、これは どうなんでしょう。。。σ(^_^;)

スプーンで「缶」を開ける方法 は、成人女性や 小学生ほどの子供さんには 少々大変かなと思いました。

(開かないことはないが、かなりの時間が かかります)

ですが「アルミ缶」であれば、缶切りなしで「スプーン」で 開きやすいのかなぁ。。。

私達が実験した缶詰は、おそらく「スチール缶」。

「アルミ缶」は「スチール缶」と比べ 重量も軽いし 柔らかい。

ですので、もし「アルミの缶詰」を開けたいなら・・・もう少し 簡単に開けられそうです☆

さて「缶をあけるスプーン」は、あまり小さいスプーンや細いスプーンでは 曲がったり、折れたりします。。。

(缶詰めを開ける際 かなり力を入れますのでね。。。)

ですから、缶をスムーズに開けるには「カレースプーン」位のサイズが 丈夫で もちやすい または自分が持ちやすいスプーンが良い。

※ 肝心なのは、しっかりと持てる「スプーンの柄部分が太いほう」が 安定して固定できますo(^^o)

写真と共に紹介しましたが、分かりづらい という方は youtube動画もご確認ください。

動画も うまく撮影できなかったのですが、こんな雰囲気という感じ 笑。

さて「スプーンを使った缶の開け方」を紹介しましたが、実は スプーン無しでも「カンヅメ」は開けられるのです。

スプーンなしの缶開封方法は「コンクリートや石」を利用しますが まるでサバイバル生活のよう。。。

とはいえ、こちらも 簡単にはいきませんよ~( ̄ー ̄;)





●缶詰を「セメント」や「コンクリート」にゴリゴリして開ける

「缶切り」がない。

「スプーン」もない。

開ける道具・工具がまったく無いとき、ザラザラした セメントレンガやコンクリート面や 石の平部分を利用し 缶詰めは開けられます☆

(庭に石 があるかなぁ~笑)

セメントやコンクリートにこする部分は、↓ 缶詰めを「缶切り」でカットするときの面。

1.缶詰めをゴリゴリ~と「コンクリート面(石の平部分)」に こすります。

2.長い間 ゴリゴリこすっていると、擦り部分が削れてきますので、確認してみてください。

3.上の画像のように「けずれた感じの缶」になれば、自然とパカッ・・・とは 開きません。

4.缶詰めのサイド(側面)を両手で持ち 力を入れ圧迫しないと開かないのです。

缶への圧迫がピークになると “ パカンー! ” とひらき ヤッタ~ヤッタ~疲れた~

ひらく瞬間、缶詰め内の食品や 汁が飛び散ることがあるので 気をつけてください。

こちらの「缶詰をセメントレンガにこすり 開けるやり方」も 動画撮影しました。

時間も15分はかかり 手こずった感はありますが(笑)、参考に良ければご視聴ください。


(動画の再生中では開けれてないけど、この後に開いた!)

見た目からして 缶詰めは 容易に開けれない。。。と思います。

しかし、このような知恵を知っていれば なんとか素手で開封できます。

(※ 石にこすりながら開ける方法のほうが、スプーンより 子供や女性は楽ですし、ケガの心配が無いかも★)

ところで 缶詰めって、一体 どのような構造になっているのでしょうか?

缶詰が開く仕組み(缶詰の構造)


(セメントレンガにゴリゴリこすり 開封したカンヅメ)

缶切りを使わないでも【缶詰(カンヅメ)】は開けられました。

けれど、開けるまえは 缶切り無いと 絶対ムリー!と思いました。

ところが【缶詰の構造】が理解できると なんか 開けれるかも ♪ と ヒントが見えてきます。

【缶詰の構造(作り)】って、じつは 意外とシンプル。

【缶詰】を横から見ても、上から見ても ぐるりと加工した1個のボックス(箱)のイメージがありませんか?

(わたしは 接続部分がない ひとつの箱=缶 に見える印象です)

しかし、それでは 缶詰めの中に 食べ物は いれられないですもんね。。。

結論を書くと 缶詰めは・・・『缶胴』と『ふた(蓋)』に分かれています。


(画像引用元:キリンWEB品質保証室より)

中身を入れてから『フタ(蓋)』をかぶせます(当たり前ですね 笑)。

その『缶詰めのフタ』を横から、断面図で見ると ただのフタではないです。

↓『缶詰めのフタ』端っこ部分は、フック状になっており『缶胴』に 引っ掛ける感じで しめます。


(画像引用元:キリンWEB品質保証室より)

引っ掛けただけでは、しっかり密閉できないので 引っ掛けてから『缶胴』に巻きつけ 閉めます。

これで、バッチリ密閉し 無菌状態の缶詰が 出来上がり。

そして、缶詰めを コンクリートなどで開封の場合は、この『ふたのフック状部分』をゴリゴリ削っているわけです☆

ねっ!! なんとなく~理解できた~(・∀・)/

(この【缶詰の構造】の仕組みもスゴイけど)

さて 長期間にわたって保存可能な【缶詰(かんづめ)】。

普通の食品よりも 長持ちするのは 誰でもわかりますが、保存がきくのは ホント有り難い。

しかし、防災、携帯食料として【缶詰】は どの位の期間 保存できるのでしょうか。

缶詰の賞味期限は約3年

長期保管できる【缶詰】は、つい家の台所 奥のほうへ眠ったままになりがち。

そうです。
長期保存が可能なゆえ、うっかりすると 忘れて置いたまま。。。(汗)

ローリングストック方法で、食べていきましょうね( ̄▽ ̄*)

ところで【缶詰】の賞味期限は 約3年ほど。

フルーツ缶は 製造から2~3年ほど。

サバやサンマなど 水産缶詰は 製造から3年ほど。

しかし、この賞味期限は【未開封の缶詰】の場合。

缶を開けてしまったら、ミネラルウオーターと同じで 早めに食べてしまいましょう。

また、詳細を書くと 賞味期限=缶詰めの中身が美味しく食べられる期間。

ですから、もし【未開封の缶詰】でも、賞味期限に近づけば 味も落ちてくる可能性もありますが、、、食べれます。

それならば・・・【未開封の缶詰】で賞味期限切れの缶は 食べれる??

答えは・・・食べることは可能。

ただし【未開封の缶詰】を保管していた場所、環境がしっかりしていれば OK!の話です。

まずは、直射日光で保管されていた【未開封の缶詰】は・・・怖い、怖いですね~。。。(泣)

この猛暑の日本 太陽がバリバリに当たる部屋の隅っこに【未開封の缶詰】保管は・・・ヤバい。。。無理 (☆。☆)

たま~に見ると思いますが、缶詰めが錆びているのもダメです。

(缶がさびる=缶自体が腐っているので、中身も危険)

また、缶詰めが膨張して ふくらんでいるのもダメ。。。

ほかにも、缶詰めのフタが ペコペコと柔らかくなっていたら ダメです。

もちろん、缶詰めを手に持ってみたら「異臭」「変な感じ」があれば 食べるのはやめましょう。

いろいろな缶詰を防災に備えよう

【未開封の缶詰】であれば、約3年は保つことがわかりました☆

とはいえ 地震や台風など 自然災害が起こらなければ「備蓄食品」を使いません。

しかし、年数がたてばたつほど 味は劣化するので、備蓄年数をチェックしながら 古い缶詰から「日常の食事」に取り入れ 食べていくのが良いです。

また 余分に備蓄するのは、実際 お金のかかるもの。。。(><;)

ですが 緊急事態になってから、お店へ飲料水や食品を買いに行くのは とても困難です。

携帯非常食が 有るのと、無いのとでは 大いに異なります。

すこしずつでも 日頃から防災食(缶詰め)を 備蓄しましょう。

最近では いろいろな【缶詰(かんづめ)】が 販売しています。

少々 値段の張る缶もありますが ありきたりな缶詰めより “ 非常時でなくても 平時にも食べてみたい☆ ”

そんな好きな【缶詰(かんづめ)】を 保管しておくのもお勧めです(^ε^)♪

いろいろな【缶詰】が売っていますので、実家の両親に贈るのもよいですね。

また「停電」時において 缶詰めは食べれるけど 温かくないからなぁ。。。

そんな時は、備蓄用品として「カセットコンロ(ガス)」も準備しておくと、いろいろな食品を温めることが可能ですから、便利ですし気持ちもホッとしますよ。

以上「体験すると こりゃ大変~【缶切りなしで缶詰を開ける方法】~日頃から缶切りは備蓄するべし~」のお話でした。

が、正直 道具の『缶切り』さえあれば 余分な労力もなく便利です (;^ω^A。

『缶切り』が無いという設定で、2つの実験をしましたが、結論『缶切りは 常日頃より備蓄しよう~☆』ということです(笑)。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー 関連記事 ー
◆地震時に自宅で避難生活の場合【1週間分の調理用の水】はどれだけ必要か?~飲み水は別で考えます~
◆【ポリ袋(ビニール袋)】を使う「ご飯の炊飯方法」~停電などの災害時~
◆防災グッズ【長期保存水】味や保存期間はどのくらい?普通の水との違いも調査!
◆非常食にもなるお菓子【カルビー・じゃがりこ】と【じゃがビー】でポテトサラダが完成
◆昼ご飯を【ミックスナッツ】にした~空腹が紛れ「非常食の一つ」でも良いです~
◆災害時に役立つ!【アルミホイル(アルミ箔)】の利用方法~即席食器にもなります~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 停電で「エアコンやヒーター」が使えないときの【寒さ・防寒対策】方…
  2. 喉が痛いのは【慢性上咽頭炎】でした~ノドの違和感から耳鼻咽喉科の…
  3. AUXケーブルで音楽が聴けない!~うっかり操作ミスで解決し音が出…
  4. 「上咽頭炎の治療」を8回終えて~咽頭痛が無くなり風邪をひきにくく…
  5. 発熱保温する【グンゼのルームシューズ】~冬の足元の寒さ対策~
  6. 地震災害による【家具の転倒防止】には突っ張り棒やL字金具を使い対…
  7. 急な停電に便利なハンズフリーの【LEDヘッドライト】~懐中電灯の…
  8. 台風が来る前 ベランダの片付けは必ずしよう!~平成30年台風21…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP