緊急事態

燃えにくい性能を持つ【防炎製品】には布団などの寝具類やエプロンがあります


スポンサーリンク

住宅で火災が発生した場合、部屋のなかには 容易に燃える物(衣服や家具・玩具・雑誌など)があちこちに置いてあります。

また 燃えれば恐ろしいものに「カーテン」があります。

(天井まで燃え広がりやすいので。。)

しかし「カーテン」にも、燃えにくい性能を持つ[防炎(ぼうえん)カーテン]というものがあり、消防法により 防炎カーテン「使用義務の場所」も定められています。

燃えにくい性能を持つものには[防炎(ぼうえん)カーテン]だけなのか?というと、そうではないようです。

実は 様々な 【防炎製品】があるということで、しらべてみたので 紹介します。





【防炎製品】は消防法に基づく防炎品

【防炎製品】という言葉から、なんとなく火事・火災から防止する物 という推測はできます。

しかし、全く燃えないという意味ではなく「あくまでも燃えにくい」という性能を示す言葉。

もし【防炎製品】に火がついても 簡単に燃えあがらず 自己消火性能があります。

また 燃え広がっていかないという意味あいです。

さて 消防法から認定されているものが【防炎製品(ぼうえんせいひん)】ですが、日本防炎協会では 以下のような記載もあり引用します。

●【防炎製品(ぼうえんせいひん)】とは

【防炎製品】とは、消防法に基づく防炎物品以外の防炎品で、使用する人を火災から守るため火災予防上防炎性能を有することが望ましいとの考えから、消防庁等の指導により普及が図られているものです。

当協会設置の防炎製品認定委員会が防炎性能基準等を定め、この基準に適合する製品が防炎製品として認定されています。

日本防炎協会より引用)

「防炎製品ラベル」が付く【防炎製品】

見た目てきには なんら普通の製品と同じようにみえますが【防炎製品】には 消費者が安心して買えるよう「防炎製品ラベル」がついているので わかりやすいです (^-^)

↓「防炎製品ラベル」の画像です。


(画像引用元:広島テント工業組合

上のラベルがつく【防炎製品】認定の要件には『一般毒性及び接触皮膚障害性を有しないこと』や『性能試験基準を満たす防炎性能等を有すること。品質管理が適正であること』があります。

では どんなものに【防炎製品】が有るのか 紹介していきます。

寝具や障子紙まである【防炎製品】

【防炎製品(ぼうえんせいひん)】には 以下のようなものがあります。

・寝具類

・テント類

・シート類、

・幕類

・非常用持出袋、防災頭巾等、防災頭巾等側地、防災頭巾等詰物類

・衣服類

・布張家具等、布張家具等側地

・自動車・オートバイ等のボディカバー

・ローパーティションパネル

・襖紙(ふすまがみ)・障子紙等

・展示用パネル

・祭壇、祭壇用白布

・マット類

・防護用ネット

・防火服、防火服表地

・木製等ブラインド

・活動服

・災害用間仕切り等

・作業服

しらないだけで 案外と多くの製品があるようです。

また 驚いた製品に「祭壇(さいだん)」や「障子紙(しょうじがみ)」などの【防炎製品】もあるのですね!(*’0’*)

確かに 戸建て住宅やマンションでも 和室はあることが多いので「障子紙や襖紙」の【防炎製品】があるのは良いかもしれません。

また、寝具類も様々な【防炎製品】が販売しています。

『西川リビング 防炎掛け布団カバー プレミアムセーフティ 防炎認定ラベル付き シングルサイズ アイボリー』をチェック。

『防炎ピロケース 日本防炎協会認定 45×65cm かぶせタイプ』をチェック。

高齢者:着火物で多いのは[寝具類]や[衣服]

東京消防丁の調べでは、65歳以上の高齢者が 住宅火災に遭い亡くなられた場合、着火物の多かったものは以下のものでした。

・布団や毛布、シーツなどの寝具類。

・パジャマなどの衣類。

・内装や建具類。

また、火災が多い時間帯も 寝ている深夜ではなく、一日のうちでどの時間帯であっても 高齢者は亡くならています。

つまり、どんな時でも 火元に注意しないと火事になりやすいということが分かります。

例えば、キッチンでガスコンロを使用中 うっかり衣服の袖端にガス火が着火し たちまち燃え広がることも大いにあります。。。

家族と同居する高齢者なら消火もできますが 一人暮らし本人のみの場合 火災被害を防止するのが難しいこともあります。

そういうことから燃えにくい性能を持つ[防炎(ぼうえん)製品]に、身の回りのものから変えていくのもおすすめです。

防炎製品の枕カバー、布団やシーツに変えてみる。

台所で調理するときは、防炎エプロンを付ける。

部屋では、防炎カーペットや防炎カーテンにする

・和室のふすまは「防炎襖」に交換する など。

『防炎エプロン オレンジ』をチェック。

【防炎製品】を暮らしのなかに 少しずつ取り入れていくと安心ですね p(^-^)q

とはいえ【防炎製品(ぼうえんせいひん)】が、あまり知られてないことも事実。

(近所のデパートやスーパーで 気軽に購入できるほど普及もしてない)

そして実際、私自身も 『そもそも自宅が火事になる』などと思ってもいない 変な安心感があるのです。

『大地震が明日くることは無い。。。』このような、どこから来るのか不明な安心感と似ています。。。

しかし、ちょっとした油断から 大きな火事になることもありますので、特に冬場は気をつけましょう。

以上「燃えにくい性能を持つ【防炎製品】には布団などの寝具類やエプロンがあります」 のお話を紹介しました。

( ※ 画像は クリックすれば拡大。 CLOSEを押せば戻ります )





ー住居内での非常事態 関連記事 ー
◆燃え広がる火災対策に!【防炎加工カーテン】の防災効果と売っている店を紹介

◆家の中で【地震】が起きたら「机下に避難する」ばかりが正しいとは言えないその理由

◆【マンション窓ガラス割れ】の台風対策には「飛散フィルム」や「段ボール」「ガムテープ」を使い予防策をする方法

◆【オーブンレンジ台やスチールラック】の転倒防止~「アイプレートと結束バンド」で固定し落下を防ごう~

◆地震や災害時には凝固剤を使用する【緊急時・携帯トイレセット】を使いトイレ対策!

◆大地震の際に注意する病気【クラッシュ症候群(シンドローム)】とは~阪神淡路大震災で知られるように~

 


スポンサーリンク

sky(スカイ)

投稿者の記事一覧

自然風景を見たり 地元・産直市場で買い物するのが好きです。

2018年に起きた地震や台風に被災してから、日頃の防災準備が どれほど大事かわかりました。
「災害関連」は平時のうちに 調べ記事にしている日々です。
(ゲーム記事は気晴らしです☆)

関連記事

  1. 台風が来る前 ベランダの片付けは必ずしよう!~平成30年台風21…
  2. 画面が割れたASUS【ZenFone4(ゼンフォン4)】~修理し…
  3. 目のまぶた裏が水疱で痛い~麦粒腫(ものもらい)には見えないけど何…
  4. ゲリラ豪雨など冠水した道路に車が水没したら?~「緊急脱出用ハンマ…
  5. 地方銀行でも交換可能!「千円札の端が破れた」場合の交換方法や持っ…
  6. 発熱保温する【グンゼのルームシューズ】~冬の足元の寒さ対策~
  7. 冬の季節【車のA/Cスイッチ(エアコン)】はオンにしなくてよい!…
  8. マンションの部屋窓にDIY【簡易・二重窓(内窓)】を専用キットで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

スポンサーリンク

ピックアップ記事

PAGE TOP